お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人の呼び方はどうする? 距離を縮める呼び方&変えるタイミング

すぎうら

好きな人の呼び方に迷うことはありませんか? 相手との距離を縮めたいけれど、何と呼べばいいのか分からない……。そんな人に向けて、喜ばれる呼び方と変えるタイミングについて解説します。

「好きな人とイマイチ仲良くなれない……」そのような悩みはありませんか? 相手との距離が縮まらない原因の1つに「呼び方」があるかもしれません。呼び方は関係を大きく左右する要素の1つなのです。

そこで今回は、好きな人と今よりも親しくなれる呼び方を紹介。さらに呼び方を変えるタイミングや注意点についても解説します。

好きな人と距離が近づく呼び方3つ

好きな人に近づきたいなら、思い切って呼び方を変えてみるのも1つの手です。好きな人と今以上に仲良くなれる呼び方を紹介します。

(1)「ちゃん」「くん」呼び

あまり親しくない間柄なら、「さん付け」で呼ぶのが一般的です。ある程度仲良くなっても、社会人の場合はそのまま定着してしまうケースがあります。そこで、好きな人との親しくなりたいのなら「ちゃん」もしくは「くん」呼びにしてみましょう。

思い切って「ちゃん」や「くん」付けにすることで距離が一気に近づきます。

学生やある程度親しい間柄であれば、下の名前に「ちゃん」「くん」付けが理想的。まだ親しくない場合は、苗字に付けてみても良いでしょう。

(2)あだ名

もし相手が家族や友人にあだ名で呼ばれているのなら、自分も同じように呼んでいいか訊ねてみましょう。一般的にあだ名は親しい間柄でないと使わないため、あだ名で呼ぶことで一気に2人の距離が近づきます。

いきなり馴れ馴れしく呼ぶのは不自然なので、「皆に何て呼ばれているの? じゃあ私もそう呼んでいいかな」という流れが自然です。

(3)下の名前を呼び捨て

長く友人関係である場合は、名前を呼び捨てにすることで2人の距離はさらに近づくはずです。名前の呼び捨ては一般的に家族、きょうだい、親友、恋人など本当に親しい間柄でないとできません。

名前で呼び合えるということは、それだけ心を許し合っている証拠。嫌いな相手に名前で呼ばれたいという人は少ないため、名前呼びを許してくれた時点で2人の関係は良好といえます。

次ページ:好きな人の呼び方を変えるタイミング

SHARE