お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人を目で追うのはなぜ? 専門家が男女別心理を解説

秋カヲリ

好きな人を目で追う心理とは? 男性心理、女性心理をそれぞれ心理カウンセラーの秋カヲリさんが詳しく解説します。

好きな人をつい目で追うことが増えると「なんでこんなに見ちゃうんだろう」と恥ずかしくなったり、不思議に感じたりすることもありますよね。

また、誰かの視線をよく感じ、「もしかして自分のことが好きなの?」とドキドキする瞬間もあるかもしれません。

今回は、なぜ好きな人を目で追ってしまうのか、男女の恋愛観の違いに触れながらその心理を解説します。今後の恋愛の参考にしてみてくださいね。

好きな人を目で追うのは普通のこと?

好きな人を目で追うのは心理学的にも自然なことです。

好きな人には興味があるわけですから、ふとした瞬間に気になって探したり、ちらちら見たりと確認したくなる人は多いでしょう。

従って、目で追うのはあるあるな出来事であり、「自分だけ?」と気にする必要はないので安心してくださいね。

ただ、いざ目が合うとなると恥ずかしくなったり、好意がバレるのを恐れて目をそらす人もいたりします。意識しすぎて好きな人を見られないという人。つまり、目線で好意をひも解くことはできますが、それが全てとは限らないというわけです。

次のページ以降では、好きな人を目で追う「男女別の心理」を詳しく解説します。

次ページ:好きな人を目で追う男性心理

SHARE