お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人を見れないのはなぜ? 専門家が男女別心理を解説

秋カヲリ

好きな人を意識しすぎて見れないのは一体なぜ? 好きな人の顔を見て話せない、なんて人もいることでしょう。今回は、心理カウンセラーの秋カヲリさんが、好きな人を見られない男性心理と女性心理を詳しく解説します。

「好きな人ほど、意識しすぎて見れない……」ということ、ありますよね。

本当は距離を縮めたいと思っていても、顔を見られなかったらなかなか関係が発展しないのでもったいないもの。普段のコミュニケーションも取りにくいでしょう。

そこで今回は、好きな人を見られない心理を男女別に解説します。困っている方はぜひ参考にしてくださいね。

「好きな人を見れない悩み」って普通のこと?

「好きな人を見られない」と感じるのは、心理的にも自然なことで、あるあるの悩みです。「好きなのに見られないなんて変?」と気にしなくて大丈夫。

好きな人の目や顔をじっと直視できないのは、相手を意識しているから。

気にしていない相手なら自然に目を見て話しやすいのですが、意識しているといつも通りの行動ができなくなってしまうのです。

「好きな人を目で追ってしまう」というのも、行動自体は反対ですが相手を意識しているから起きること。いつもは目で追ってしまうけど、目が合いそうになったらパッとそらす……というのもよくあることです。

とはいえ、好きなのに目が合わせられなかったら会話が生まれず、距離を縮めにくいですよね。好きな人ときちんと目を合わせられるように、まずは見られない心理を把握しましょう。

次のページでは、好きな人をちゃんと見られない男性心理から解説します。

次ページ:好きな人を見られない男性心理

SHARE