お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人が忙しい時のアプローチ方法は? 効果的な行動&NG行動

山本茉莉

好きな人が忙しい時に避けるべきNG行動

忙しい人に対して間違ったアプローチをすると、関係が進展するどころか距離を置かれる可能性があります。

好きな人が忙しい時に避けるべきNG行動を見ていきましょう。不安になる気持ちも分かりますが、これらの言動は逆効果となってしまいます。

(1)LINEや電話を催促する

好きな人が多忙な時、連絡がないからといってLINEや電話を催促するのはNGです。毎日仕事が忙しい人は、連絡できる時間が限られていることがほとんど。

余裕ができた時に連絡しようと考えており、すぐに連絡できないことを申し訳なく思っている場合も多いです。それなのにLINEや電話を催促されると、急かされている気持ちになったり、面倒に感じたりするでしょう。返信がないのに、スタンプをいくつも送ったりするのもNGです。

「こちらの都合を考えない構ってちゃん」と認識され、距離を置かれる原因になり得るので気をつけてください。

(2)仕事について質問する

忙しい人は、自分の仕事について執拗に聞かれることを嫌がる傾向があります。

なぜなら、「説明しても分かってもらえない」「疲れているのに仕事の話をしたくない」と考える人が多いからです。

好きな人の仕事について知りたくなるかもしれませんが、できるならプライベートの時間に仕事の話は振らない方がベター。こちらから聞くのは控えましょう。

相手が自ら話してくれるなら、あなたに自慢したかったり、自分のことを知ってもらいたかったりするサイン。この場合は、仕事の話をしても良いでしょう。

ただし、仕事の話をされたとしても、上から目線なアドバイスはNG。きっと相手は仕事にプライドを持っているため、安易なアドバイスに嫌悪感を抱きやすいはずです。

(3)不安な気持ちや不満を伝える

好きな人が忙しくて相手をしてくれなくても、不安な気持ちや不満をぶつけるのは禁物です。

多忙な日々を過ごしている人には、付き合ってもいない相手のことを気遣う余裕はありません。

忙しくて相手ができないことに罪悪感を抱いていても、不満をぶつけられた途端に気持ちが冷める可能性があるので注意しましょう。

やはり、忙しい相手との恋愛では「自分の機嫌は自分で取ること」が大切と言えそうです。

(4)本当に忙しいのかを疑う

好きな人が忙しい時、「本当に忙しいの?」と疑うような態度を取るのは好ましくありません。

仕事をしていると、接待のように避けられない用事が入るのはよくあることです。相手に急な仕事や接待が入り、会う約束をキャンセルされることは珍しくないでしょう。

好きな人自身もいきなりの仕事にうんざりしている中、「本当に仕事なの?」と疑うのは禁NG。疑われたことに幻滅し、気持ちが離れてしまう可能性が高いです。

相手のそんな状況を理解しながら、感情的に問い詰めないよう意識しましょう。

好きな人が忙しい時は支えてあげよう

好きな人が忙しい時は、仕事の忙しさを理解して気遣いを見せることが大切。多忙な人は癒やしてくれる存在を求めているため、一緒にいて居心地が良いと思わせるのも効果的です。

ただし、忙しい相手へのアプローチでは避けるべきNG行動もいくつかあるので注意しましょう。

好きな人が忙しい時こそアプローチの仕方を工夫し、支えてあげるような行動を心がけてください。

忙しい中でも、「あなたが必要」と相手が気つけば、恋は急展開で進展していくはずです。

(山本茉莉)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月08日に公開されたものです

山本茉莉

あなたの「知りたい」をかなえるフリーライター。WEBメディアのディレクターを経験後、自分の文章で生きていくことを決意して独立。現在は恋愛コラムからトレンドファッション、ビジネスに関する話題まで幅広く執筆中。<ライター・編集者・読者>の3つの視点から、分かりやすい記事を届けることを信念としている。

この著者の記事一覧 

SHARE