お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人が忙しい時のアプローチ方法は? 効果的な行動&NG行動

山本茉莉

忙しい人を好きになった時の効果的なアプローチ方法とは? なかなか会えないことで不安が募りますが、相手を落とすにはいくつかのポイントがあります。連絡頻度はどうすればいい? 今は仕事を応援すべき? など、具体的に解説していきます。

忙しい相手を好きになった時、どのようにアプローチすればいいか迷っていませんか?

多忙な人との距離を縮めたい時は、相手の忙しさを踏まえた上で行動することが大切。間違ったアプローチは嫌われる可能性があるので注意が必要です。

今回は、好きな人が忙しい場合に押さえておきたい、効果的なアプローチ方法とNG行動などを詳しく解説します。

好きな人が忙しい。効果的なアプローチ方法とは?

忙しい人を好きになった時には、アプローチの仕方を工夫する必要があります。ここでは、忙しい相手に対して効果的なアピール方法を紹介します。

(1)仕事の忙しさを理解して気遣う

好きな人が仕事の忙しさに追われている時は、忙しさを理解して気遣いを見せることが大切です。忙しい人は「仕事の忙しさを分かってほしい」という気持ちが強いもの。

忙しさや頑張りを理解し、体調などを心配してくれる存在に対して好意を持ちやすいと言えます。「今日もお疲れさま」「忙しい時は無理しないでね」などの言葉をかけて、気遣いができることを印象づけましょう。

(2)明るくポジティブな態度で癒やしてあげる

忙しい中でも好きな人が会ってくれた時は、明るくポジティブな態度で癒やしを与えましょう。相手の前では、いつも笑顔で明るい存在になるのです。

一緒にいることに心地良さを感じてもらえれば、「また会いたい」と思ってもらいやすくなります。

反対に、ネガティブな発言や態度を繰り返すと相手が気疲れすることも。

せっかく会えた時はポジティブな言動を心がけて、「元気がもらえる存在」と思わせることが大切です。

(3)聞き上手になる

好きな人が忙しい時に効果的なアプローチ方法として、聞き上手になることが挙げられます。忙しい人は、自分の話をじっくりと聞いてくれる相手に好感を持ちやすいです。

と言うのも、仕事に追われている場合、そのことに関する愚痴や不満をため込んでいる可能性大。聞き上手になってストレスを発散させてあげると、好きな人にとってあなたは「会いたくなる存在」になれるでしょう。

話を聞く時のポイントは、相手が話してくれるまで、まずは待つこと。また、どんな内容でも嫌な顔を見せず、親身になって聞いてあげることです。

無理にアドバイスするよりも、共感や励ましを意識することが大切。相手の一番の味方になってあげましょう。

(4)連絡は相手のペースに合わせる

忙しい相手に連絡する際は、ペースに合わせることを徹底しましょう。

返信のスピード感を合わせれば、相手も気疲れしたり、申し訳なく思ったりすることなく、あなたとのやり取りを純粋に楽しめるはずです。

また、帰宅する時間帯や寝る前、休日は心にゆとりができやすいタイミングです。相手がリラックスしている時を狙って連絡することで、返信してもらいやすくなるかもしれません。

加えて、LINEやメールを返信不要の内容にするのもおすすめです。返信がいらない前提のメッセージは相手の負担になりにくいため、読んでもらえる確率が高まります。

特に「?」つきのメッセージは返信を求められていると強く感じる内容なので注意。疑問系のメッセージを送りすぎないよう意識してみてください。

(5)目標や新たなことに挑戦する姿を見せる

忙しい人へのアプローチとして、何かに挑戦する姿をアピールするのも有効です。あなたも相手と同じくらい、忙しい毎日を送るのです。

忙しさに追われている人は、自分と同じように頑張っている存在に共感し、好感を抱くもの。目標や新たなことにチャレンジする姿に活力をもらえるという意見も多いです。

チャレンジする内容としては、資格取得や習い事などが挙げられます。「2人で一緒に頑張っている状態」が刺激になり、距離を縮めやすくなるでしょう。

(6)疲れにくいデートプランを提案する

忙しい人をデートに誘いたい時は、相手に余裕ができたタイミングを狙うのが得策です。その際は、相手が疲れにくいデートプランを提案することも忘れないようにしましょう。

好きな人が忙しい時にデートへ誘っても、あまり勝算はありません。デートのお誘いをする前に連絡の頻度を観察して、相手に余裕があるかどうかを見極めましょう。いつもより連絡の頻度が高い時は、仕事が落ち着いていると考えられます。

また、デートの約束ができたとしても、朝からアクティブに行動するようなデートプランは避けるのがベター。相手は忙しい毎日で疲れていることを念頭に置き、カフェでお茶をしたり、ゆっくり映画を観たりするなどなるべく疲れにくいプランを提案するのが賢明です。

次ページ:忙しい人が好きになりやすい「3つのタイプ」

SHARE