お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人の元気がない! 接し方&かけるべき5つの言葉

アーリちゃん

好きな人の元気がなくて気になる……。そんな時の対処法を詳しく紹介。どんな言葉をかけるべきか、具体例を挙げながら解説します。

好きな人の元気ない時は、どのように接したらいいのでしょうか。

「変に声をかけて嫌われたら嫌だし……」と悩んでしまう人は、少なくありません。実際NG行動を取ってしまうと、印象が落ちてしまうことも。

今回は、好きな人の元気がない時の接し方や、かけるべき言葉などを紹介。参考にして、好きな人に寄り添ってあげてくださいね。

好きな人の元気がない時の接し方

好きな人の元気がない時は、気持ちを落ち込ませないように注意して接しましょう。接し方を工夫すれば、相手との距離感を縮めるきっかけになることもあります。

具体的にどんなポイントに気をつけて接するといいのでしょうか。まずは元気がない相手への効果的な接し方を解説します。

(1)とことん共感する

好きな人に元気がない時は、相手の話を否定せず、とことん共感してあげましょう。

元気がない時は、自分に共感してもらえるだけでも助けになります。話を聞く中で、「相手が間違っているのでは?」と思っても、今は正論を言う必要はありません。

どんな理由で落ち込んでいたとしても、「私はあなたの味方」という姿勢を崩さないことが大切です。

ただし、弱音ばかり吐いていたらそこには共感せずに「そんなことないよ、大丈夫」と否定してあげましょう。

(2)頑張りを認めてあげる

好きな人の元気がない時は、頑張りを認めてあげましょう。

逆に「もっと頑張って」と言われると、「まだ頑張らないといけないのか」と気分が下がってしまうかもしれません。

追い込まれている可能性もあるので、「頑張って」と背中を押すのではなく、「よく頑張ったね」とねぎらってあげることを意識しましょう。

(3)差し入れを渡す

何か差し入れを渡して元気づけるのも良い方法です。

相手の好物を渡してみてはいかがでしょうか。落ち込んでいる時は、好きなものを食べると元気が出ることもあります。コンビニで買えるちょっとした差し入れで構わないので、ぜひ渡してあげましょう。

また、食べ物以外にも、「家でゆっくり休んでね」と入浴剤などのグッズを渡すのもいいかもしれません。

シーンに合わせて、“ちょっとしたもの”を贈りましょう。あまり高価なものを贈りすぎて相手にいらぬ気遣いをさせないことがポイントです。

(4)愛情表現をする

好きな人の元気がない時は、だまって寄り添う、手を握るなど愛情表現で癒やしてあげるのも悪くありません。愛情表現は、相手に応援している気持ちを伝えられるからです。

落ち込んでいる時は、そういった気遣いだけでも、ありがたいと思えるもの。相手は、誰かそばにいてほしいと思っている状態かもしれません。

好きな人が心細い様子であれば、こうした言動で寄り添うことも考えましょう。

ただし、人によってはそっとしておくべきケースもあります。相手が人に頼らないタイプならば、基本的には見守るスタンスで接しましょう。向こうから話を切り出された時だけ、しっかり聞いてあげればOKです。

次ページ:元気がない時にかけると効果的な言葉例

SHARE