お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

#16 気になる人との「距離を縮める」魔法のフレーズとは?

#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「ラブスペル」とは、意中の彼の心をつかみ恋を叶えるフレーズ。そんなフレーズを、恋愛コラムニストの浅田悠介さんが使い方や効果と併せて紹介します。

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.16

「順調ですか?」

この言葉の効果

出会いの序盤で、さっと会話を弾ませられます。世間話を飛ばして、一気に距離を縮められるのです。

最近仕事が大変だとか、犬を飼い始めたとか、旅行を計画しているとか。彼なりに返答があるでしょう。

それは、彼が話しやすい――意識を向けている――話題だといえます。いわば「どんな話をすれば会話に集中してくれますか?」と、彼自身に尋ねているようなものですから。これを会話の糸口にすることで、スムーズに会話を広げられます。

これは、恋愛だけでなくその他の人間関係でも非常に使い勝手の良いラブスペルです。出会った瞬間に「何を話せばいいのかな?」と迷った時に唱えてくださいませ。

ラブスペルの使い方

会話のきっかけがほしい時に使いましょう。

そして、唱えたあとは急がないこと。「順調ですか?」に対する回答のあとに、しばらくすると彼なりに近況報告をしてくれるはずですから。どんなことを話してくれても構わないよ、という空気感を大切にしましょう。

そのあとは、彼の話に耳を傾ける。

彼は自分にとっては重要な話をしてくれているのですから。すぐに次の話に移らないこと。むしろ、どんどん話してもらえるように「どういうこと?」「大丈夫だった?」と相づちを打ちましょう。ぐっと親しみやすい空気も生まれます。

話題に困ると、つい周りを見回してしまいますよね。しかし、話題はいくらでも彼の中から拾える――その方が深い話をできる――ということを学べると強いですよ。

相手にスポットライトを当てること

私たちが、一番うれしい話題とは何でしょうか。

それは“自分の話”です。

誰だって、自分のことについて話を聞いてもらえるのがうれしいのです。だからこそ、デートでは、彼自身をトークテーマにすべきなのです。丁重にもてなすために。いわば、言葉のスポットライトを相手に当て続けるのですね。

このラブスペルを使えば、それが自然にこなせます。彼の口から出るものは、全て彼の身の上話なのですから。とても便利ですよ。

ぜひ彼にスポットライトを当てることを意識してみましょう。そのためには自分の話をするのを、ちょっと我慢しなくてはなりません。楽しませる側に回る練習をしてみましょう。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

※この記事は2021年11月04日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~」をもっと見る

MORE

SHARE