お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【No.18】いつもご機嫌なジュエリーブランド広報の場合

#私たちのしごとバッグ

マイナビウーマン編集部

いつも輝くあの人は、仕事でどんなバッグを使っているんだろう? バッグとその中身は、仕事への姿勢や価値観を映す鏡。企業で働くマイナビウーマン世代の女性をインタビューし、彼女たちの仕事バッグをのぞく連載です。

取材・文:ameri
撮影:洞澤佐智子
編集:照井 絵梨奈/マイナビウーマン編集部

東京・目黒駅からほど近く。ジュエリーがずらりと並ぶショールームのようなオフィスで出迎えてくれたのは、4℃の広報を務める石川千尋さん。

きらびやかな空間に負けないくらい華やかな雰囲気をまとった彼女に、しごとバッグを紹介してもらった。

石川 千尋さん
エフ・ディ・シィ・プロダクツ広報担当。プレスリリースの作成や雑誌・テレビへの製品貸し出し、Webサイトの運営など多岐にわたる業務をこなす。

彼女が現在愛用しているしごとバッグは、CHARLES & KEITHのもの。

「これまでは小さいバッグ派でしたが、在宅勤務が導入されてからパソコンを持ち歩くことが増えたのでしっかり荷物の入るバッグに変えました。鮮やかな色味の洋服が好きなので、どんな洋服にもマッチするベーシックなカラーをチョイス。コーディネートになじむところがお気に入りです」

バッグの中身

1 PRADAの長財布
2 PRADAのキーケース
3 タオルハンカチ
4 Canal4℃のジュエリーポーチ
5 MICHAEL KORSの名刺入れ
6 メゾン フランシス クルジャン アクア ユニヴェルサリス
7 Aesop ゼラニウム エクスペディエント ハンドジェル
8 PAUL & JOE BEAUTEのミラー
9 iPhone SE
10 AirPods
11 マスクケース

石川さんのバッグの中身でパッと目に入るのが、鮮やかな色味の小物。

「洋服もですが、小物もパキッとした色味のものが大好きで。水色のお財布とピンクのキーケースはどちらも両親からの誕生日プレゼントです。

すぐに目に入って気分が上がるので、自分を上機嫌に保つために不可欠なアイテムです。次は名刺入れをプレゼントしてもらおうかな(笑)」

その他に、財布でも名刺入れでもキーケースでもないポーチを発見。

Canal4℃で販売しているジュエリーポーチなんです。お気に入りのジュエリーを入れて持ち運んでいます。同じ洋服でもジュエリーを変えるだけでガラリと雰囲気が変化するので、気分を変えたい時や仕事帰りに予定が入っている時につけ替えています。

お気に入りは、4℃ブランドの原点である“水”をモチーフにしたコレクション・Noble of Waterシリーズのネックレス。かわいらしいイメージを持たれることの多い4℃ですが、大人女性にも合うスタイリッシュなデザインもそろっているんですよ」

最後に、「お気に入りなんです」と言って出してくれたのが、メゾン フランシス クルジャンのフレグランス。

爽やかで清潔感がある香りなので好き嫌いが分かれず、仕事にぴったりだと思って愛用しています。つけるだけで気分が上がるので、持ち歩いていますね。人とあまり被らないところも気に入っています」

「インスタライブの出演など、人前に出る場面も多い仕事であることもあり、常に機嫌のいい人でいようと思いながら仕事をしています。しょんぼりしながら『きれいでしょ』と言っても説得力が無いじゃないですか」

仕事のモットーをこう語る石川さんのバックには、自分で自分のご機嫌を取れるようなアイテムがそろっていた。「新製品が出るとすぐに買ってしまうんです」という言葉通り、おしゃれなジュエリーポーチの中にはきれいなジュエリーがずらり。自社への愛情もあふれたしごとバッグだと感じた。

※この記事は2021年10月11日に公開されたものです

BACKNUMBER 「#私たちのしごとバッグ」をもっと見る

MORE

SHARE