お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いつも悩む……! 友達に喜んでもらえるプレゼントは?

#犬山の遠吠え!やってまーす

犬山紙子

エッセイスト・TVコメンテーターとして活躍する犬山紙子さんが、恋愛・人間関係・趣味などあらゆるテーマで語るラジオ『犬山の遠吠え!やってまーす』。本連載では番組内のトークを言葉にし、音声と共にお届けします。今回は2021年9月20日放送分から。

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

今回もリスナーさんからのお便りを紹介していきます。

犬山さん、こんばんは。

犬山さんに相談があります。贈り物選びって困りませんか?

結婚祝いや出産祝いなど、いつも何を贈ったら良いのか分からなくて、迷ってしまいます。

もしも「こんな時はこのプレゼントが良い」などあれば、アドバイスお願いします。

確かに悩みますよね……!

友達の個性に合わせた贈り物が一番良いとは思うんですけど、“ポメラニアン好き”を公言している人には、すでにたくさんのポメラニアングッズが集まっているだろうし、難しいですね(笑)。

犬山さんおすすめのプレゼントは?

私がもらって嬉しかったのは、眞鍋かをりさんからいただいた出産祝いです。

絵本を20冊くらいプレゼントしてくれたんですけど、「うちの子が気に入っていた」という絵本をリストアップして、全部贈ってくれたんです。「なんて頭良いんだ!」と思いました。

絵本って長い間子どもに見せるものだし、実際に眞鍋さんのお子さんが気に入ってた絵本ってなると、「うちの子も気に入ってくれるかな」みたいな愛情も感じるし。最高のプレゼントだと思いました。

私もそれから真似していて、出産祝いは “ちょっと高級な絵本”を贈るようにしています。

おすすめは、ロバート・サブダという作家の“しかけ絵本”。絵本を開くと、ピーターパンや恐竜がめっちゃリアルに飛び出してくるんです。その他にも小さな飛び出すしかけがたくさんあって、赤ちゃんから成長して大きくなっても楽しめる絵本です。

そういう「自分で買うにはちょっと手が出ないけど、もらったら嬉しい絵本」を何冊かセットにして贈っています。

ちなみに、このラジオの構成作家の松本さんは、おしゃれな雑貨屋さんで“ちょっと良いよだれかけ”を買ってプレゼントしているそう。

よだれかけは何枚あっても困らないし、プレゼントには「自分では買わないちょっと良いもの」を贈るのが良いかもしれないですね!

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

(トーク:犬山紙子、文:松岡紘子)

※この記事は2021年10月09日に公開されたものです

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。美人なのになぜか恋愛が上手くいかない女性たちのエピソードを綴ったイラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。SPA!やananなどで連載中。「スッキリ!」、「みんなのニュース」などコメンテーターとしても活躍する。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#犬山の遠吠え!やってまーす」をもっと見る

MORE

SHARE