お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

明るい人になりたい。7つのの特徴とポジティブになる方法

hasemana

あなたの周りに、一緒にいるだけで楽しい気持ちにさせてくれるような「明るい人」はいますか? 明るい人になりたいと思っても、考え方や行動をどう変えれば良いか分からない人もいるでしょう。今回は、明るい人の特徴や心掛がけるべきポイントを解説します。

性格が明るい人は、そばにいるだけで元気をもらうことができます。自分はそんなふうにポジティブにはなれないと思いつつ、憧れる気持ちもありますよね。

本記事では、明るい人の特徴と目指す方法をまとめました。できることから取り入れて、明るい人を目指してはいかがでしょう。

明るい人の特徴7つ

「明るい人」と聞いて、パッと思い浮かぶ人はいますか? 明るい人はただ騒がしいだけではなく、周りも元気にしてくれますよね。

まずは、明るい人の特徴を7つ紹介します。

(1)いつも笑顔

明るい人は、いつもすてきな笑顔でいることが多いです。明るい人は前向きな考えの人が多く、小さな出来事も楽しい方に考えられます。

また、自分が笑顔でいることで周りも明るくなることを知っています。

(2)誰とでも分け隔てなく接する

明るい人は誰とでも平等に、分け隔てなく接することが多いでしょう。

相手によって態度を変えることがないため誰とでも打ち解けやすく、他人と親密になるのが早いという特徴があります。

(3)目標を持って努力している

明るい人は、何かしらの目標を持っていることが多いです。

成し遂げたいことやなりたい自分像がはっきりしていると、さまざまな物事に前向きに取り組めるようになるものです。目標に向けて努力している姿が、他の人には明るく見えるのかもしれません。

(4)ポジティブな言葉を使う

明るい人は前向きな考え方をするため、言葉遣いもポジティブなのが特徴です。

明るく元気な言葉を発することで周りを笑顔にしたり、喜ばせたりするのが得意な人が多いでしょう。

(5)健康的な生活を送っている

不健康な食事や寝不足で体調が悪いと、誰だって明るく振る舞うのは難しいもの。

明るい人は、バランスの取れた食事や適度な運動を取り入れ、健康的な生活を送っている場合が多いでしょう。

(6)フットワークが軽い

思い立ったらすぐに行動でき、フットワークが軽いのも明るい人の特徴です。好奇心が旺盛で、いろいろな人との出会いを楽しむことができます。

他人からの頼みや誘いを前向きに受け入れるので、頼りにされている人も多いのではないでしょうか。

(7)必要な時に弱みをさらけ出せる

明るい人でも、何事も完璧にこなせるわけではありません。

時には失敗をすることも。そんな時、明るい人は弱みを周囲に周りにさらけ出したり、周りの人に助けを求めることができます。

そうすることで、相手に親近感を与えるのです。

次ページ:「明るい人になりたい!」と思った時にすべきこと

SHARE