お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

3回目のデートに誘われない理由は? 男性心理と脈なしの判断基準

渡辺瞳

良い雰囲気だと思っていた男性から3回目のデートに誘われない場合、その理由が気になるもの。この記事では、3回目のデートについて誘われない原因や男性心理、脈ありか脈なしかを判断するポイントについて紹介します。

順調にデートを重ねてきたはずなのに、3回目で急に連絡が来なくなった……なんて経験はありませんか?

実は、男性の多くは3回目のデートのタイミングで、今後の関係性を考えるようです。

今回は、3回目のデートに誘われない理由と、連絡をしてこない男性心理について紹介します。

なかなかお誘いが来なくて悩んでいる人も、早い段階から3回目のデートについて対策しておきたい人も、ぜひ参考にしてみてください。

3回目のデートに誘ってこない男性心理

まずは、3回目のデートに誘ってこない男性心理について見ていきましょう。

どんな理由が考えられるのかを知ることで、今後の対処法も変わっていきそうです。

(1)仕事のスケジュールが詰まっている

単純に、忙しくてデートの予定を入れられないケースです。

本当はデートしたいと思っていても、日々の忙しさに追われてなかなか連絡できていないだけかもしれません。

特に、仕事が繁忙期を迎えている場合やトラブル対応に駆り出されている場合は、女性をデートに誘う余裕がなくなってしまうでしょう。

また、冠婚葬祭で帰省している、趣味にしているスポーツの大会が近いなど、プライベートの忙しさが理由になっている場合もあります。

(2)金銭的な負担が大きくなっている

もしかすると、デートに対する金銭的な負担を感じているのかもしれません。

例えば、1回目、2回目のデートで高級レストランに行っていたり、お金のかかるデートをしていたりした場合、「3回目も同様、もしくはそれ以上のレベルを求められる」と身構えてしまっている可能性があります。

毎回そこまでお金をかけていられない……と感じてしまい、3回目のデートが億劫になっているケースです。

また、前回までのデートで、女性側の「おごられる目的で来ている」「財布を出そうとしない」などの点が気になったというパターンも考えられるでしょう。

(3)脈なしだと自信を失っている

男性が「自分は相手の女性に好かれていない」と判断して、デートに誘う勇気が持てなくなるケースもあります。

過去のデートで、女性側に退屈そうな素振りを感じた場合、「どうせ3回目のデートに誘っても断られてしまう」と自信を失う男性は少なくありません。

もし、あなたが3回目のデートを望んでいるのなら、自分から積極的なアプローチをする必要がありそうです。

(4)本気だからこそ臆病になっている

真剣なお付き合いを考えているからこそ、3回目のデートに対して慎重になっている可能性もあります。

お試し気分で気軽に誘えていたこれまでのデートとは異なり、しっかりプランを練ってから誘いたいと考えているのかもしれません。

この場合、男性からお誘いの連絡が来ないのは、情報収集に時間をかけているから。慌てて催促しすぎないよう注意しましょう。

(5)相性が合わなかった

1回目、2回目のデートの中で、相性が合っていないと判断されたケースも考えられます。

この場合、どんなにあなたが積極的に連絡をしても、それ以降のデートにつながる可能性は非常に低いといえるでしょう。

「もうこれ以上デートしなくてもいいや」と思われてしまっている状態なので、深追いは禁物です。

次ページ:3回目のデートに誘われない時「脈ありor脈なし」を判断する方法

SHARE