お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ギブソンタックとは? 簡単にできるアレンジの基本と応用

kido airi

簡単! 基本のギブソンタックのやり方

下準備をしてベースを整えたら、まずは基本的なギブソンタックのやり方からマスターしていきましょう。

実は一度覚えてしまえばさっとできる簡単なアレンジ。編み込みなどの難しい作業がないので、誰でも気軽に取り入れられます。

手順1:まずポニーテールにする

まずは髪を後ろにまとめポニーテールを作っていきます。伸びの良いシリコンゴムが使いやすくておすすめです。

前述のとおり、アレンジをする前にワックスやバームなどを馴染ませておくと、まとまりが良くなり髪を扱いやすくなります。スタイリング剤によって仕上がりが少しずつ変わってくるので、お好みのアイテムを見つけてみてください。

手順2:後れ毛を引き出す

顔の周りやこめかみ、襟足などから指で毛束を少しずつ引き出し、後れ毛を作っていきます。

この時、後れ毛の量によって印象が変わるので、バランスを見ながら自分に合う量を見つけてみてください。後れ毛の量が多いとかわいらしいイメージに。少なくするとクールで大人っぽい印象になります。

手順3:1つに結んでくるりんぱする

まとめた髪を結んでポニーテールを完成させたら、ゴムを少し下にずらし隙間を作ります。そこに毛先を入れ込んでくるりんぱをしましょう。

くるりんぱをきれいに作ることで仕上がりに差がつくので、この工程を丁寧に行うように心がけてください。

手順4:全体をほぐしたら毛先をゴムで結ぶ

トップやくるりんぱの部分から、少しずつ毛束を引き出し全体をほぐしていきます。毛先を持ちながら、全体のバランスを見て指で丁寧に引き出します。

後れ毛と同様、引き出す量によって雰囲気を変えられるので、お好みのバランスで仕上げてください。

全体をほぐし終わったら、くるりんぱをした毛先をゴムで結び、くるりんぱの中に入れ込んでいきます。

手順5:毛束をくるりんぱの中に入れ込み完成

全ての毛束を入れ込んだらゴムで結んで完成です。ゆるりとしたルーズな質感が欲しい時は、入れ込んだ毛束を引き出して少し崩しましょう。

次ページ:【応用編1】くるりんぱを使ったギブソンタック

SHARE