お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ギブソンタックとは? 簡単にできるアレンジの基本と応用

kido airi

【応用編1】くるりんぱを使ったギブソンタック

ギブソンタックは他のアレンジと組み合わせやすいのもポイント。最初にくるりんぱを行うヘアアレンジは、すっきり上品にまとまって、オフィスシーンやパーティーにもOKなきちんとした印象が作れます。

ハーフアップのくるりんぱを作ったら、そこに残った毛束を入れ込んでいくだけ。不器用な方でも簡単にできるので、ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。

手順1:両サイドの髪をツイストする

両サイドのねじった毛束を真ん中に持ってきて結び、ハーフアップのような形に。
そこから、結んだ毛束の隙間に対し、毛先を外側から内側にくるんと入れ込みくるりんぱをします。

手順2:残りの髪を3等分にしてツイストしながら入れ込む

結んでいない、下に残った毛束を3つに分けます。一番左の毛束からくるりんぱの中へ、ねじりながら入れ込んでいきましょう。

手順3:右側も同じように入れ込む

次に3つに分けたうちの一番右側の毛束も、くるりんぱの中にねじりながら入れ込んでいきます。

手順4:真ん中の毛束をくるりんぱに巻きつけて完成

最後に真ん中に残された全ての髪をくるりんぱに入れ込んでいきピンで留めたら、上品なまとまり感のあるギブソンタックの完成です。

次ページ:【応用編2】三つ編みをプラスしたギブソンタック

SHARE