お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ギブソンタックとは? 簡単にできるアレンジの基本と応用

kido airi

【応用編3】ボブでもできるギブソンタック

髪が短いからとアレンジを諦めていた方もできるのがギブソンタック。

くるりんぱをして毛束を中に入れ込んでいく手順は変わらず、すっきりとコンパクトでおしゃれなヘアスタイルが短くてもかなえられますよ。

ただし髪が短いと崩れやすかったり、まとまりづらかったり、ポイントを押さえておかないと失敗しやすい髪型でもあります。続いては、ボブでもできるギブソンタックのやり方を見ていきましょう。

今回はロングヘアで試していますが、この方法ならボブでもできますよ!

手順1:髪を3等分に分ける

まずは髪を両サイドと真ん中、3つに分けていきます。ピンやヘアクリップで留めておくと分かりやすく、アレンジがしやすいのでおすすめです。

手順2:両サイドの毛束を後ろで結んでくるりんぱする

左右両サイドの髪を後ろに持って行き、1つにまとめハーフアップのような形にする。

ゴムで結んだら、ハーフアップの隙間に対して毛先を上から下に入れ込み、くるりんぱを行いましょう。

手順3:残りの髪と併せて1つに結ぶ

くるりんぱをした毛束と真ん中に残っている毛束をまとめて1つに結びます。

この時、後でくるりんぱを行いやすいように、きっちりタイトに結びすぎず、結び目が少し下に来るようゆとりを持って結んでおくのがおすすめです。

手順4:1つに結んだ毛束をくるりんぱする

全ての毛束をまとめて1つ結びにしたら、結び目の少し上のところに隙間を作り、毛先を上から下に入れ込みくるりんぱをします。

手順5:毛束をくるりんぱの中に入れ込む

残りの毛束をくるりんぱの穴に通していきます。

毛束が全てくるりんぱの中に収まるよう、丁寧にまとめてみてくださいね。

手順6:左右をピンで留めたら完成

入れ込んだ毛束の両サイドをピンで留めたら完成です。

トップや髪を入れ込んだ部分の毛束を引き出して程よく崩すことで、動きが出て抜け感のある仕上がりになります。ただし短い髪の方は崩れやすいので、引き出しすぎに注意してください。

ギブソンタックでいつものヘアスタイルを格上げしよう

一見複雑で難しそうに見えるギブソンタックですが、くるりんぱをして毛束を入れ込んでいくだけで、あっという間にできちゃう簡単アレンジ。ギブソンタックを普段のスタイリングに取り入れれば、ヘアサロンに行かずとも、お家にいながら自分でおしゃれなヘアスタイルを作ることができます。

一度覚えてしまえば誰でも気軽に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(文:kido airi、写真:ALBUM新宿店店長 渡辺雄也)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月31日に公開されたものです

kido airi

おしゃれやビューティー、食べることが大好きなアラサー女子。
エンタメ業界で働いていた経験もあり、映画やドラマなどのエンタメにも詳しい。
ビューティー系やファッション、グルメを中心に記事を執筆しています。
この著者の記事一覧 

SHARE