お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「よき」の意味は? 由来は古語? 正しい使い方を解説

ひらり

SNSや若者の会話でよく聞かれる言葉「よき」。意味は何となく知っているけれど、実際どのように使えば良いか分からないという人も多いかもしれません。今回は、「よき」の意味や使い方、類語について解説します。

若者言葉は日々進化を遂げているため、意味を理解できていない方も多いはず。そこで今回は若者たちの間で使われている「よき」という言葉について徹底解説します!

「よき」の意味や実際の使い方、そして類語や英訳などを詳しく紹介するので、最後までぜひチェックしてくださいね。

「よき」の意味と由来

「よき」の意味や由来を知ることでより詳しく理解しましょう。

「よき」の意味とは?

「よき」は「よい」「いいね」という意味で使われる言葉です。軽いニュアンスで褒めたい時に「よき」と使います。「よきよき」と重ねて意味を強調することもあります。

人や物を褒める時だけでなく、「OK!」や「良いよ!」と了解の意味を表す場合に使われることも。

「良き」と書かれることあり、漢字だとより意味が分かりやすくなりますね。

「よき」の由来とは?


2016年ころから、SNSを中心に若者の間で広く使われ始めたとされています。「女子高生流行語大賞2016」では2位にランクインしました。

由来は「善哉(よきかな)」という、古語だと言われています。当初は「よきかな」と使われていましたが、短縮され「よき」と使われるようになりました。

古語なのになぜ若者を中心に使われるようになったかというと、2001年公開のアニメーション映画「千と千尋の神隠し」の影響があると言われています。

河の神様が、主人公の千尋に体に刺さった棘を抜いてもらった後、「よきかな」と告げるシーンがあります。千尋の働きを「素晴らしかったぞ!」と褒め称えたシーンです。

印象的なシーンだったため、「よきかな」は若者にも良く知られた言葉となりました。その後、SNSで「よきかな」「よき」と使われるようになったようです。

次ページ:「よき」の使い方は? 例文を交えて紹介

SHARE