お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「よき」の意味は? 由来は古語? 正しい使い方を解説

ひらり

「よき」の英語表現は?

英語でやり取りをしていて「よき」と言いたい時の表現をご紹介します。

looks great

直訳すると「素晴らしく見える」。主に服装や見た目を褒める時に使う表現です。例えば、「今日の服よきだね」と言いたい時に、英語では“Your clothes looks great!”と表現できます。

good

同意や肯定する時には“good”を使うと近いニュアンスになります。例えば、「これで良い?」「よき」のやり取りは、“ Is this fine?”  “ good!” と表現できます。同意の時には“good”を使うのが良いでしょう。

nice

SNS等で使われる「いいね!」と同じニュアンスが“nice”です。「これよきだよね」「よき」という会話の場合、“This is nice” “I think so too” と表現できます。

いずれもあいづちのように使える軽い英語表現です。

「よき」をマスターして使ってみよう!

「よき」は軽いニュアンスで同意や肯定、賞賛などを表す言葉です。

気軽に使える言葉なので、友人同士などの気心の知れた相手に「よき」を使ってみても良いかもしれません。

(ひらり)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月27日に公開されたものです

ひらり

大企業での事務職を経験後エステティシャンとして起業。美容やファッションなどを中心に常に流行にアンテナを張っている。女性の働き方・ライフスタイルなどについて強い関心をもち、ライターとして発信も続けている。

この著者の記事一覧 

SHARE