お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「よき」の意味は? 由来は古語? 正しい使い方を解説

ひらり

「よき」の使い方は? 例文を交えて紹介

ここからは例文を交えて「よき」の使い方を解説します。

例文1

・新しい髪色を好きな人に「よき」と言われてテンション上がった

新しい髪色を好きな人にサラッと褒められたことのうれしさが伝わってきますね。軽いニュアンスで褒められることでわざとらしくなく感じられます。

例文2

・今日のセットリストめっちゃよき

セットリストとは、ライブ会場での曲順のことで、選曲が自分好みだったことを表現した文章です。「よき」を使うとフランクに感情が動いた様を表現できます。

例文3

・旅行中天気がめちゃよきでうれしい

旅行中の天候が良かったことを喜ぶ文章です。よきを重ねて「旅行中の天気がめちゃよきでよき。」と表現しても良いでしょう。

旅行中の天候が良いと気分が良くなるもの。その時の感情をうまく表現しています。

次ページ:「よき」の類語とは?

SHARE