お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリで遠距離恋愛はできる? 付き合うまでのコツ

佐矢りん(sayareen)

マッチングアプリで遠距離に住む人から「いいね」が来たら、付き合うまでにデートはできる? 本気度は確かめられる? と不安に思う人が多いのではないでしょうか。今回は、マッチングアプリで遠距離の人と関係を深めるコツを解説します。

マッチングアプリで遠距離に住む人から「いいね」が来たり、気になる人を見つけたりしたら、どうやって恋愛を進めていけば良いのか戸惑う人が多いでしょう。しかし、遠距離だからといって諦める必要はありません。

マッチングアプリで遠距離に住む相手を探すことには、デメリットだけでなくメリットもたくさんあります。この記事では、マッチングアプリで遠距離に住む相手を探すメリットや、付き合うまでのコツなどを紹介します。

マッチングアプリで遠距離の相手を探すメリット

「遠距離恋愛は不安」という方がいるかもしれません。しかし、マッチングアプリで遠距離に住む異性にまで目を向けることには、複数のメリットがあります。

(1)出会える異性が増える

マッチングの対象を全国のユーザーにすることで、選択肢が大幅に広がります。近隣エリアに限定して検索するよりも、はるかに多くの異性と出会えるため、出会いのチャンスが増加します。

(2)身バレしづらい

生活圏外のエリアの相手に絞って検索することで、うっかり同僚や友人に足あと(プロフィールの閲覧履歴)を残してしまうといったミスを防ぐことができます。

そのため、遠距離に住む異性に目を向けることで比較的身バレしにくくなるのもメリットの1つ。

アプリによってはSNSとの連携で身バレ対策ができますが、完璧ではありません。より効果的に身バレを防ぎたい人は、遠距離のユーザーに対象を絞ると良いでしょう。

(3)真剣に恋活・婚活しているユーザーが多い

遊び目的の人は、わざわざ遠距離恋愛をしようとは思わないもの。遠距離恋愛を視野に入れてマッチングアプリを使っている人は、価値観や趣味の一致など、中身をより重視する傾向にあります。

遠距離にも関わらず時間をつくって会おうとしたり、連絡をくれたりする人はそれだけ真剣にあなたのことを思っていると判断しやすくなりますよ。

マッチングアプリで遠距離の相手を探すデメリット

マッチングアプリで遠距離に住む異性を探すことには、デメリットもあります。

(1)会える頻度が少ない

遠距離の相手とは、せっかくマッチングしてもちょっとしたデートや、突発的なデートがしづらく、会える頻度が少なくなりがち。

「仕事が早く終わった」「急に週末の予定がなくなった」という時に、寂しい思いをするかもしれません。

(2)信用するまでに時間が掛かる

直接会う機会が少ない遠距離恋愛では、相手のことを深く知るのに時間が掛かります。相手の人間関係や普段どのように生活しているのかなど、たまにデートするだけではなかなか分かりません。

もともと、マッチングアプリでの出会いは相手を信用するまでに時間を要します。遠距離恋愛ではさらに時間が掛かる可能性があります。

(3)デートにお金が掛かる

マッチングアプリの出会いに限らず、遠距離恋愛ではデートの度に交通費や宿泊費などが発生します。会いに行く時間も掛かるため、負担に感じてしまうことがあるかもしれません。

特にマッチングアプリで出会った異性の場合、付き合うまでに1回はデートをしたいと思う人も少なくありません。近隣に住むマッチング相手よりもデートに掛ける時間や費用が多くなるため、お互いにそれを覚悟した上で関係を築いていくことになります。

次ページ:マッチングアプリでの遠距離恋愛に向いている人

SHARE