お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男性心理】女友達と彼女の違いとは? 本命になる方法

なかむらみほ

男性が思う「女友達」と「彼女」の違いとは

男性にとって、女友達と彼女の違いとは一体どんなものなのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

男性の女友達と彼女に対する心理を理解しておくと、自分に好意があるかどうか見分けることもできるようになります。ぜひ、参考にしてみてください。

(1)他の男性といることに嫉妬するかどうか

彼女が他の男性と一緒にいたり、話していたりするところを見ると男性は嫉妬します。それは「他の男に取られたくない」という独占欲が出てくるためです。

しかし女友達の場合は、他の男性に対して嫉妬などせず、友達として「うまくいくと良いね」などと応援します。

相手の気持ちを確認したい時は、わざと他の男性の話をしてどんな反応が返ってくるかを確認してみましょう。そうすると、自分は女友達なのか異性として意識されているのかを見分けることができます。

(2)一緒にいるとドキドキするかどうか

彼女と一緒にいると、女友達では味わえないドキドキ感や緊張があります。恋愛感情があるからこそドキドキが生まれ、男性は友達の前では見せない意外な一面を見せることがあります。

簡単な見分け方を1つ紹介します。他の友達の前よりも控え目な態度になってないか注意を払ってみましょう。いつもよりも無口になっている場合は、あなたを異性として見ているため緊張している可能性があります。

(3)忙しい時も一緒にいたいと思うかどうか

男性にとって彼女は、たとえ忙しくてもずっと一緒にいたいと思える特別な存在です。

一方友達関係だと、忙しい時ではなく落ち着いてからゆっくり会おうとする可能性があります。そのため、男性が忙しい時にも連絡が来たり、会いたいと言われたりした場合は、女友達ではなく異性として意識されている可能性が高いです。

(4)近くにいたいと思うかどうか

彼女には異性としての魅力を感じ、できるだけ近くにいたいという願望が出てきます。そのため、話す時の距離が近かったり、ボディタッチをされたりする場合は異性として意識している証拠かもしれません。

女友達の場合は、友達として意識しているためその考えがありません。ただし、女友達相手にも下心を持って近づいてくる男性もいるので注意しましょう。

(5)離れていても相手のことばかり考えるかどうか

恋愛をすると1日中相手のことばかり考えてしまう人が多いもの。彼女のことは離れていても頭から離れません。好きな人だからこそ「今何をしているのかな?」と気になるのです。

連絡や会う頻度が高くなるのも、常に好きな人が頭の中にいる証拠といえるでしょう。

(6)守りたい・支えてあげたいと思うかどうか

男性は彼女に対し、本能的に「守りたい」「支えたい」という感情が湧いてきます。これは相手の女性を愛おしいと思うからこその感情です。

女友達として認識されている場合は同性の友達と変わらない関係なので、このような感情はあまりないようです。

次ページ:脱・女友達! 異性として好きになってもらう方法

SHARE