お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【動画あり】夜ヨガの効果とは? 寝る前におすすめの6ポーズを解説

廣田なお

夜寝る前のちょっとした時間にヨガをすることで眠りにつきやすくなる効果が期待できます。今回は、人気YouTubeチャンネル『美筋ヨガ』の廣田なおさんが、夜ヨガのメリットやベッドの上でできるおすすめポーズを解説します。

デスクワークで1日中ほぼ座りっぱなしの毎日。それによる足のむくみや肩の凝りなど、体のお悩みは挙げだしたらキリがありません。

よし寝るぞ! と布団に入っても、体のだるさが気になってなかなか寝つけない……ということはありませんか?

そこで今回は、人気YouTubeチャンネル『美筋ヨガ』の廣田なおさんに、夜に行うおすすめのヨガポーズを紹介してもらいました。

夜 ヨガ

夜にヨガを行うメリットとは?

1日の疲れを癒やそうと布団に入っても、何だか体がだるくてなかなか寝つけない……。

そんな時は、寝る前にヨガをするとよく眠れるようになるのだそう。まずは、夜ヨガに期待できるメリットを詳しく見ていきましょう。

こんにちは、マイナビウーマン編集部のたじーとうっちーです。今日はよろしくお願いします!

早速ですが、体がだるくて夜に寝つけなかったり、なぜか布団に入ってからネガティブな感情が沸き上がってきたりしてなかなか安眠できないのが悩みなんです。

 

ねえたじー、なんか暗くない(笑)? でも分かる! 私もむくみが気になって眠れないことがあるかな。廣田さん、夜にヨガをすると寝つきやすくなると聞いたのですが、本当でしょうか? 夜ヨガの効果について教えてください!

(1)眠りにつきやすくなる

夜に行うヨガはお2人のようなデスクワークの方や、立ち仕事などで1日中同じ姿勢が続く方にこそおすすめです!

夜のヨガにまず期待できるのは、安眠効果。ヨガで深く呼吸することで副交感神経が優位になり、自律神経が整ってリラックス効果を得やすくなるんです。落ち込んだ気持ちもすっきりしますよ。

 

なるほど。呼吸って大切なんですね。

(2)日中の筋肉の凝りや疲れをケアできる

あと、夜のヨガには日中凝り固まった筋肉や疲れをほぐす効果も期待できます。

夜寝る時に体がだるくて、せっかく布団に入っても何だか体勢が定まらない……なんて経験はありませんか?

めっちゃあります! 何回寝返りを打っても心地良い体勢が見つからないんです。

それ、筋肉の凝りが原因かもしれません。特にデスクワークなどで1日中座りっぱなしだと、太ももやお尻の筋肉が凝り固まって血流が滞ってしまいやすいんです。

そういう凝りや血流の悪さを夜のヨガで解消してあげると、体の疲れが取れて、眠る時の体勢も定まりやすくなりますよ!

(3)むくみの解消が期待できる

なるほど。1日の終わりに体をメンテナンスしてあげることが大切なんですね!
その通りです! また、ヨガで血行や体液の流れをスムーズに促してあげることで、むくみも気になりにくくなると思います。

夜のヨガに期待できる効果

・眠りにつきやすくなる

・日中の筋肉の凝りや疲れをケアできる

・むくみの解消が期待できる

次ページ:夜のヨガを効果的に行うポイント

SHARE