お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

内省とは。反省との違い&内省的な人になる方法

高見綾(心理カウンセラー)

内省とは、自分の考えや行動を深く省みるという意味。習慣づけることで自己分析ができる他、ビジネスの現場でも活用できます。今回は、心理カウンセラーの高見綾さんが内省の具体的な方法や得られる効果を詳しく解説します。

自分の考えや行動を深く省みる「内省」は、自己分析や人材育成の現場などで活用できる概念です。

この言葉を聞いたことはあっても、いまいち意味が分からないという人が多いかもしれません。

そこで今回は、内省の意味や効果などについて詳しく解説します。具体的なやり方を個人と集団とに分けて紹介しますので、こちらも参考にしてみてください。

内省とは? 意味と効果

内省とは、自分の考えや行動を深く省みることを言います。自分自身と向き合い、今までの言動や経験などを客観的に振り返ることで、さまざまな気づきが得られます。

例えば、日記をつけて1日の行動やそれに対する自分の考えをまとめるのも内省の1つ。

また、ビジネスシーンにおいては、業務が円滑に進んでいるもの、進んでいないものをそれぞれ見つめ直すことで、さらなる改善につなげていくことができます。

内省には、自分自身への理解を深めたり、ビジネスで自主性や主体性を育てたりできるといった効果が期待できます。

「内観」「反省」との違い

「内観」は内省とほぼ同義ですが、自分の精神面を観察することがメインになります。元々は仏教用語で、内省よりも心の深い部分にアクセスするものです。

「反省」は自分の悪い面に注目し、誤りを正すという意味で使われます。内省は、良い面と悪い面の両方から気づきを得ることが目的。反省のように、間違いを正すことだけが目的ではないため、この点が違いだと言えるでしょう。

内省的でいるメリット

「内省的」とは、常に自分自身の心の内側を省みることができるという意味。

内省的でいるメリットには以下のようなものが挙げられます。

(1)自分自身について深く理解できる

内省は自分自身を見つめ直すきっかけになるので、内省的でいると深い自己分析ができるようになります。

さまざまな角度から物事を考えられるようになることで、本質を見抜く目が鍛えられます。

(2)共感力がアップする

自分を深く知ることを通じて、他者理解が進みます。「なぜ相手はこんな言動をするのか」「相手はどう思っているのか」などが分かるようになり、共感力がアップします。

結果的に、人間関係が良好になることがあるでしょう。

(3)仕事で重宝される人材になる

ビジネスシーンにおいて内省的であると、主体的に仕事へ取り組むことができるようになります。

試行錯誤しながら日々の仕事に取り組む姿勢は、会社において重宝されるでしょう。

次ページ:内省できない人の特徴

SHARE