お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

LINEで未読スルーする人の心理。既読にしない理由とは?

丸山りさ(まる)

LINEで相手の未読状態が続くと、自分が何かしてしまったのか、相手に何かあったのかなど、不安が募っていきますよね。中には、あえて未読スルーする人も。今回はLINEを未読スルーする人の特徴や心理、対処法などを恋愛ライターのまるさんが解説します。

LINEの既読表示は、相手がメッセージを確認したかどうかが分かる便利な機能です。

一方で、送ったメッセージがずっと未読のままだと不安になってしまいますよね。

「そもそも既読にもならないのはなぜ?」

「未読スルー?」

「ブロックされてるの?」

など、お悩みを持つ人も少なくありません。

今回は、LINEを未読状態で放置しておく人の特徴や心理、対処法などを解説します!

LINEで未読スルーをしてしまう人の特徴

未読スルーは、忙しかったり面倒だったりで、多くの人が一度ぐらいはしたことがあるでしょう。

その中でも、未読スルーを頻繁にするのは、一体どのような人なのでしょうか。未読スルーが多い人の特徴を見ていきましょう。

(1)面倒くさがり

普段から面倒くさがりの人や、気分屋な人はLINEのやりとりも気分次第です。

「メッセージを打つのが面倒くさい」だと思う人、「用事があるなら電話した方が早くて確実」といったタイプの人も、LINEでのメッセージのやりとりを面倒だと感じやすいでしょう。

(2)マメじゃない

そもそも人との連絡がマメではない人もいます。

そういったタイプの人は、悪気なく未読スルーをしてしまうことも多いでしょう。

「用事がなければ連絡はしない」タイプの人は、たわいない「今何してる?」というメッセージにはスルーしてしまうこともあります。

(3)プライベートが忙しい

仕事が忙しい場合もLINEできないことが多いですが、家事や育児、趣味や習い事など、プライベートが忙しい場合もLINEの確認は遅くなります。

この場合、放置しているつもりや無視しているつもりもないため、気長に返信を待つしかありません。

次ページ:なぜ? LINEで未読スルーをする人の心理

SHARE