お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本当に彼女が喜ぶ言葉とは? 彼氏に言われたい胸キュンフレーズ10選

丸山りさ(まる)

押さえておきたい! 「彼女が喜ぶ言葉」の4原則とは

どんな褒め言葉もうれしいものですが、彼氏からの言葉だからこそ「特別感」を演出したいもの。

ここでは、たった一言を変えるだけでもっと彼女を喜ばせることができる、4つのポイントを紹介します。

(1)「も」を使うべし

彼女を褒める時には「も」を使うのが効果的です。

例えば、「料理上手だね」「かわいいね」でも十分ですが、「料理“も”上手なんだね」「今日“も”かわいいね」と言った方が喜ばれやすいでしょう。

「も」を使うことで、今褒めている事柄だけでなく他のことも素敵だと思っている、という意味を含められます。

(2)シンプルな言葉を使うべし

彼女を「褒めたい」「喜ばせたい」と思うあまり、言葉を尽くして褒めちぎるのは逆効果です。「言い慣れていそう」「前の彼女にも言っていたのでは?」などと思われてしまう場合も。

褒める時や感謝を伝える時は、できるだけシンプルな言葉で、ストレートに伝えるのが良いでしょう。

(3)具体的に伝えるべし

感謝の言葉や褒め言葉はシンプルがベストですが、その内容も大切です。

例えば、「ありがとう」だけでなく「○○してくれてありがとう」と言ったり、「かわいいね」だけではなく「その服、かわいいね。すごく似合ってるよ」と伝えたり。

何に対する感謝や褒め言葉なのかを具体的に伝えると、彼女は「自分のことをよく見てくれている」と感じ、より喜んでくれるかもしれません。

(4)「前から思っていたんだけど」を使うべし

彼女を褒める時や、感謝を伝える時に「実は、前から思っていたんだけど……」とつけ加えてみましょう。

例えば、「前から思っていたんだけど、いつもおしゃれだよね」など。彼女の魅力に前から気づいていたというアピールにもなり、単純に褒められるよりもうれしく感じる女性が多いかもしれません。

彼女が喜ぶ言葉でいつまでもラブラブなカップルに

どんなに長い付き合いのカップルでも、相手を思い、喜ばせようとする気持ちが大切です。彼女が喜ぶ言葉を掛けることで、2人の関係性がより良くなることもあるでしょう。

心の中で思うだけではなく、ぜひ言葉にして彼女への愛情を伝えましょうね。

(まる)

関連する診断をチェック

恋愛に受け身なタイプ? 草食系男子診断

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月14日に公開されたものです

丸山りさ(まる)

キャバ嬢歴6年のアラサーフリーライター。エステティシャン経験もあり、美容にも関心がある。
人に優しく、自分にも優しくがモットー。さまざまな国の男性との交際経験を元に、恋愛コラム、夜遊び系コラムなどを執筆中。

この著者の記事一覧 

SHARE