お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

with通話の使い方を徹底解説。誘い方&好印象を与えるコツ

かねきあす佳(aska.)

with通話の自然な誘い方

さまざまなメリットがあるwith通話ですが、いざ誘うとなると「ガツガツしていると思われたくない」と、ためらってしまう人がいます。

そこでここでは、with通話の自然な誘い方を紹介します。

(1)メッセージの流れで誘う

メッセージのやりとりが5往復以上続くと、何となく話題が尽きてきて、「そろそろ次のステップに進みたい」とお互いに思っている可能性が高いです。

そのため、メッセージの流れで「もっと○○さんのことを知りたいので、電話してみませんか?」と誘っても不自然ではありません。

また、誘う目安として、相手のプロフィールにある「出会う前の希望」を確認するのもおすすめ。希望が「できればすぐに会いたい」「会う前に通話したい」になっている相手になら、積極的にwith通話へ誘ってみましょう。

(2)事前にwith通話の日時を決める

メッセージでやりとりしている時に、いきなり「この後電話しませんか?」と誘うと驚かれてしまう場合があります。

相手の都合も考えて、「明日の〇時頃電話できますか?」「週末にwith通話を使ってみませんか?」と、あらかじめ日時を提案すると受け入れられやすいでしょう。

また、通話する際は予定の時間になったら「今から電話しますね」とメッセージで一声掛けると、相手に誠実さを伝えられます。

(3)最初は音声通話を提案する

いきなりビデオ通話に誘うと相手を困惑させてしまうかもしれません。無理やりビデオ通話に誘うのではなく、最初は音声通話を提案するのがおすすめです。

「最初はビデオオフで話しましょう」と声を掛けると、相手も安心してwith通話を受け入れてくれるでしょう。

次ページ:with通話で盛り上がるおすすめの話題3選

SHARE