お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「カタルシス」の意味とは? 日常での使い方をわかりやすく紹介

さおり

「カタルシス」の意味を知っていますか? 映画や歌詞などで耳にする言葉ですが、どんなふうに使われるものなのか詳しく知らない人もいるでしょう。今回は意味や語源、普段の使い方を、心理学のコラムなど数多く執筆しているライターのさおりさんに解説してもらいました。

心理学で効果があるといわれる、ストレス解消法の一種「カタルシス効果」。しかし、意味を深く理解できている人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は「カタルシス」にピックアップして意味や語源、普段の生活での使い方をご紹介します。

最後まで読むと意味について正しく理解でき、今日から会話や文章などで使えるようになりますよ。

「カタルシス」とは? どんな時に使うの?

カタルシスとは、元はギリシャ語で「精神の浄化」を意味しています。また、古代ギリシャでは医学用語としても使用されていました。

まずは、言葉の意味をくわしく見ていきましょう。

「カタルシス」の意味は「浄化」「排泄」

「カタルシス」は元々、古代のギリシャで使用されていた言葉で、直訳すると「浄化」「排泄」という意味です。

現代では、大きく分けて2つの意味合いで使われています。

・映画や本などの物語によって心が大きく揺さぶられたり共感したりし、無意識に抑えていた気持ちがスッキリと解放されること。

・我慢していたネガティブな感情を意識し、言葉や話すことなどで外に吐き出してスッキリすること。

まとめると「抑えていたマイナスの感情が解放されて、気持ちがスッキリした様子」を表しているのです。

次ページ:「カタルシス」の語源と歴史

SHARE