お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

逆プロポーズってあり? 男性の本音と成功するやり方を解説

すぎうら

逆プロポーズがしたいけれど、彼がどう思うか不安という方もいるかもしれません。また、タイミングやプレゼントが必要か、など迷うこともたくさん。今回は、恋愛ライターのすぎうらさんが、逆プロポーズのやり方を解説します。

付き合っている彼氏がなかなかプロポーズしてくれない……。お互い結婚を意識する間柄にも関わらず、煮え切らない彼氏の態度にモヤモヤしている女性は多いのではないでしょうか。

そんな時、女性からプロポーズをする「逆プロポーズ」を考えている人もいるはずです。

そこで今回は、女性からの逆ポーズはありなのか? を考えていきます。さらに、逆プロポーズする時におすすめのタイミングを紹介します。

8割以上の男性が逆プロポーズに好意的!

逆プロポーズがありか、なしかは個人の考え方によって異なります。調査(※)によると、8割以上もの男性が逆プロポーズに好意的ということが分かりました。

まずは、逆プロポーズ「あり派」と「なし派」の男性それぞれの意見を紹介します。

逆プロポーズは「あり派」の意見

プロポーズはどちらからするべきという決まりはないため、逆プロポーズをされたらうれしいと感じる男性も多くいます。

特に、40歳以下の男性は、逆プロポーズをありと答える人が多いようです。これには、世代的な考え方の違いが影響していると思われます。現代生まれであればあるほど、男性からプロポーズしなくてはいけないという固定観念が薄れています。

また、消極的な性格の男性は女性からの逆プロポーズを好意的に思う傾向にあります。自分からプロポーズする勇気がない場合、逆プロポーズをされたらうれしいと感じるのですね。

逆プロポーズは「なし派」の意見

一般的に「プロポーズは男性側からするもの」というイメージはまだ根強く、自分の好きなタイミングやシチュエーションでプロポーズをしたいと考えている男性もいるでしょう。年齢層が高くなればなるほど、この傾向が強いことが分かりました。

また、男性の性格によるものも大きいです。「女性に言わせてしまって情けない」とプライドが傷つく男性もいるため、彼がどのような性格なのかを見極めた方が良いでしょう。

次ページ:逆プロポーズにおすすめのシチュエーション5つ

SHARE