お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

みんなの「やらかした」エピソード5選! よくある失敗例

まる

仕事やバイト、受験、面接など……いろんな場面で「やらかした!」という失敗はつきもの。こんな時、どんなふうに切り替えたら良いのでしょうか。ライターのまるさんが、みんなのやらかしたエピソードと、失敗を取り戻すコツを解説します。

人生に失敗はつきもの。「やらかした!」と思うような失敗をしてしまって、落ち込んだり焦ったりしたことがある人は多いでしょう。

「失敗しない人はいない」と分かっていても、気持ちを切り替えるのは難しいですよね。

この記事では、みんなの失敗例や、「やらかした」後の対処法を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

あるある? みんなの「やらかした」エピソード5選!

まずは、みんながやってしまいがちな失敗エピソードを集めてみました。中には筆者の実体験もありますが、恐らく多くの人が「あるある!」と思うはず。

(1)相手の名前を間違えた

相手の名前を間違えて覚えていたり、間違えて呼んでしまったりするミスはよくあります。

名前を間違えてしまった時の反応は、相手によってさまざま。間違いを指摘してくれる人もいれば、最後までミスを指摘しない人もいるでしょう。

中には、就職活動中に面接を受けた先の社名を間違えてしまった……なんてことも。取り返しのつかないミスに、絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。

(2)上司を「先生」や「お母さん」と呼んだ

気づいた瞬間に「やらかした!」と赤面してしまう間違いです。ちなみに私は、事務の仕事をしていた時に社長を「先生」と呼んでしまった経験があります……。

2・3回呼んだ後に自分で気づいて、とても恥ずかしい思いをしました。

この時は周りが笑ってくれたため、まだ救われましたが、スルーされるとかなりつらい「やらかし」ですね。

(3)大切な書類をシュレッダーにかけた

仕事や普段の生活でも、公共料金の払込票や大事な契約書など、なくしてはいけない書類がありますよね。

そんな大切な書類をシュレッダーにかけてしまった……というのは、致命的なミスになりかねません。

今はペーパーレス化も進んでいるのでどこかにデータはあるはずですが、やらかしてしまった瞬間は気が動転して、すでにシュレッダーで分解された書類を何とかくっつけようとした……なんて笑えるエピソードも。

(4)発注ミス

発注ミスもよくある「やらかし」です。商品の発注や、会社で使う消耗品の発注など、桁を間違えて注文してしまうミスが多いでしょう。

消耗品であればまだマシですが、そうでない物の場合は、責任問題に発展することもあります。

職種によっては、誤発注分は買い取りなどの責任を負わされる場合もあるでしょう。

(5)LINEやメールを誤爆してしまった

昔は間違い電話があるあるの「やらかし」でしたが、今はLINEやメールを誤爆してしまうことが多いのではないでしょうか?

友達と間違えて「仕事疲れた、もう無理」と送ったら、送信先は上司だった……なんて恐ろしいミスも。

笑って済ませてくれたら良いですが、相手が嫌な気持ちになったらどうしようとヒヤヒヤしてしまいますね。

次ページ:仕事で「やらかした」時の対応方法

SHARE