お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

楽しく生きる10個の方法。名言や本から学ぶ人生のヒント

すぎうら

一度きりの人生、せっかくなら楽しみたいですよね。とはいえ、仕事や勉強で毎日いっぱいいっぱいだと、人生を楽しむことを忘れてしまいがち。今回は、ライターのすぎうらさんが楽しく生きる方法や考え方のヒントを解説します。

一度きりの人生。せっかくなら、毎日を楽しく生きていきたいものです。

しかし、現実はそううまくはいきません。仕事や恋愛が思い通りにいかず、心から人生を楽しめていないと感じる人も多いのではないでしょうか。

人生を楽しめない原因はさまざま。ですが、今の環境のままでもほんの少し考え方を変えるだけで、人生は楽しいものになるかもしれません。

今回は、楽しく生きるための方法や心構えを紹介します。「人生を楽しみたい」という前向きな気持ちがあるあなたなら、きっとこの記事からヒントを得られるはずです。

目次

楽しく生きるってどういうこと?

そもそも、人生を楽しいと感じる基準は人それぞれ。一般的に、「楽しく生きる」とはどういうことなのでしょうか?

(1)他人ではなく「自分」を見ている

結局、人生を楽しいか楽しくないか決めるのは自分です。あなたの人生が楽しいかどうかを決めるのはあなた自身であって、決して他人ではありません。

つまりあなた自身も、他人の生き方を見て「あの人は楽しそう」とジャッジする必要はありません。他人のことばかり見ていると、自分の周りに落ちている楽しさに気づけなくなってしまいます。

楽しく生きている人は、総じて「楽しみ」を見つけるのが上手な人。他人ではなく、自分自身をしっかり見つめているからこそ、人生の楽しさに気づけるのかもしれません。

(2)自分を大切にできている

人をうらやんだりねたんだりすることなく、自分をしっかり見つめられるのは、自分を大切にできている証し。

例えば、他人の目を気にして意見を言えなかったり、やりたいことに挑戦できなかったりするのは、自分よりも他人を優先してしまっている証拠かもしれません。

毎日を楽しく生きている人は、自分を大切にできています。これまで、他人の気持ちばかり優先していませんでしたか? 思い当たる節があれば、時々自分を思いっきり甘やかす時間を作ってみましょう。

(3)いつもポジティブ思考

楽しい人生を送っていれば、おのずとポジティブ思考でいられることが多いでしょう。

もちろん人生には苦しいことや不安になることもたくさんありますが、そうしたネガティブな物事に対しても前向きに捉えることができるのが、楽しく生きている人の特徴。

逆に、いつも不安になったり落ち込んだりしやすいならば、まだ人生を楽しめていないのかもしれません。

次ページ:人生を「つまらない」と感じる人の特徴

SHARE