お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

楽しく生きる方法8つ。名言や本から学ぶ人生のヒント

すぎうら

一度きりの人生、せっかくなら楽しみたいですよね。とはいえ、仕事や勉強で毎日いっぱいいっぱいだと、人生を楽しむことを忘れてしまいがち。今回は、ライターのすぎうらさんが楽しく生きる方法や考え方のヒントを解説します。

一度きりの人生。せっかく生きるなら、毎日楽しく生きていきたいものです。しかし、現実はそううまくはいきません。仕事や恋愛が思い通りにいかず、心から人生を楽しめていないと感じる人も多いのではないでしょうか。

人生を楽しめない原因はさまざまですが、生まれ育った環境や現在の職場だけのせいにするのはもったいないかもしれません。ほんの少し考え方を変えるだけで、人生は楽しいものになるからです。今回は、楽しく生きるための方法を紹介します。

楽しく生きるってどういうこと?

そもそも、人生を楽しいと感じる基準は人それぞれ。一般的に、「楽しく生きる」とはどういうことなのでしょうか?

(1)自分が「楽しい」と感じているか

結局、人生を楽しいか楽しくないか決めるのは自分自身です。

本人が「楽しく生きている」と感じているのならば、それは楽しい人生です。「つまらない」と感じているなら人生を楽しめていないということになります。

他人から見たらつまらなそうでも、本人が満足できていれば全く問題ありません。

(2)自分を大切にできているか

どんなに恵まれた環境に置かれていても、自分のことが嫌いだったら毎日が苦しくなってしまいますよね。

楽しく生きている人は、自分を大切にできているという特徴があります。

例えば、他人の目を気にして自分の意見を言えなかったり、やりたいことに挑戦できなかったりするのは、自分よりも他人を優先してしまっている証拠かもしれません。

(3)いつもポジティブ思考でいられるか

楽しい人生を送っていれば、おのずとポジティブ思考でいられることが多いでしょう。

もちろん人生には苦しいことや不安になることもたくさんありますが、そうしたネガティブな物事に対しても前向きに捉えることができるのが、楽しく生きている人の特徴。

逆に、いつも不安になったり落ち込んだりしやすいならば、まだ人生を楽しめていないのかもしれません。

次ページ:人生を「つまらない」と感じる人の特徴

SHARE