お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】流れ星の夢の意味とは? シーン別暗示28選

夢占い

流れ星の夢の意味とは? 一緒に見た人は誰か、どんなシーンだったか、などによって夢のお告げが異なります。今回は、占いライターの律さんが、流れ星の夢の暗示を解説します。

願い事の象徴ともされる流れ星。夢で見た場合、「願いがかなう暗示では?」とうれしくなる方も多いでしょう。

しかし、残念ながら流れ星の夢が全てにおいて良い暗示とは限りません。夢を見た状況や、その時の感じ方で意味が異なります。

今回は流れ星が意味する夢占いの結果を状況別にご紹介します。

目次

「流れ星の夢」の基本的な意味

流れ星の夢は、「物事が大きく変わることの前触れ」を表しています。

一概に吉夢か凶夢かは判断しにくく、夢を見て「うれしい」「楽しい」などとポジティブに感じたのなら良い意味となり、「怖い」「つらい」などとネガティブに感じたのなら悪い意味を暗示していることが多いでしょう。

流れ星の夢が表す「良い意味」

ポジティブな感情を抱いた時の良い意味は「幸運の訪れ」「ツキの上昇」です。

恋愛や対人、仕事面での運気上昇を意味しますが、中でも恋愛運上昇の意味合いが強いです。また、夢や目標が良い方向に向く暗示でもあります。

流れ星の夢は、目標に向かって前進している時に見るもの。迷っていることがあるなら行動に移すタイミングとして捉えると良いかもしれません。

流れ星の夢が表す悪い意味

ネガティブな感情を抱いた時の悪い意味は「何かのアクシデントが起こる前触れ」です。

流れ星は一瞬で消えるもの。それはつまりチャンスを失うことを意味する場合があります。

夢でネガティブな印象が残るなら、悪い方へ事態が向くことを暗示しているのかもしれません。先回りしてアクシデントに備えておくべきという注意喚起の役割も果たしてくれます。

次ページ:人物が印象的な「流れ星の夢」の意味

SHARE