お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

モテる男性を「キュンとさせるLINE」

#LINEバトル3

マイナビウーマン編集部

またまた「LINEバトル」が帰ってきた! 今回は、スーパーサイズ・ミーの西本さんに男性がグッとくるLINEを教えてくれます! 恋愛の楽しみ方は自由だけど、好きな人との恋を実らせたいなら、参考にしてみるのもありかも!

「LINEバトル」シーズン3では、男性のタイプやシチュエーションに合わせて最適なLINEが送れるかマイナビウーマン編集部メンバーが勝負!

そして、シーズン3で審判に迎えたのはスーパーサイズ・ミーの西本さん! 果たして、誰が男性の心をグッとつかむLINEを送れるのか……?

第1回のテーマ:「モテる同僚男性をキュンとさせるLINE」

今回のテーマは、モテる同僚男性をキュンとさせるLINE。

「同い年のモテる同僚を好きになってしまった。職場にもライバルが多そう……。他の案件でLINEをしたついでに、相手に好意を抱いてもらえるようなLINEを送りたい!」

そう思った時、編集部メンバーはどんな内容を送るのでしょうか?

【エントリーNo.1】みやちゃん

みやちゃん

モテる人に対して恋愛テクニックを使ってゆっくり近づいていると、「いつの間にか誰かの彼氏になっていた!」なんてことがありそうで怖い!

ということで、モテていることをイジりつつ、どストレートにデートに誘ってみる作戦にしました。好意はもちろん伝わるし、気楽に楽しめそうな雰囲気が伝わるかな?

【エントリーNo.2】おてる

おてる

まずは軽いジャブを打つ目的で、「あくまでも他の用件がメインですよ」感を出してみました。

飲み会の参加確認をしつつ、個人的にも話したいな……と好意をチラ見せしています。こちらを全然意識していなかったとしても、嫌な感じはしないのでは!

【エントリーNo.3】すぎちゃん

モテる男性は、単純なごはんのお誘いなんてたくさんされているだろうから、あくまでも主導権を渡し過ぎない感じを意識してみました!

正直に言うと「こいつ俺のこと好きなの?」ってすぐにバレるのが恥ずかしいから、あえて強がっています……(笑)。

ちなみに、どんな返事が返ってきても「私は行きたくなってるよ!」って送る予定♡

【エントリーNo.4】あーりん

あーりん

会議の参加確認と一緒に、私と遊ぶかどうかも確認しちゃうお茶目なラブLINEです♡

ちなみに、選択肢は「YES or YES」のみ。モテる男性には、これくらい目立つアプローチがちょうどいいんです(多分)!

結果発表! 一番キュンとしない回答は?

エントリーNo.1のみやちゃん!

西本さん

僕がモテる男性だとしたら、「モテモテのところ悪いんだけど」が、「私はあなたのこと客観的に見えてますよ?」っていう感じでちょっと鼻につきますね。上から目線なところもいまいち。

これはすみませんけど、既読スルーです(笑)。

結果発表! 一番キュンとする回答は?

エントリーNo.2のおてる!

西本さん

控えめに飲み会全体の盛り上がりを気にしつつ、追いラインでちょっと好意を匂わせる。こりゃキュンときます。一番あざとい! これは手練れですよ。まんまとだまされます。

ただ、……最後の絵文字。「なんでアザラシ?」とは思いました(笑)。絵文字使いも意外と大事なポイントですからね。

西本さんが考える「すてきLINE」は?

西本さん

もう、共通の男友達を踏み台にしてしまいましょう。その男友達に最初からお願いして、当て馬になってもらってもいいかもしれません。

モテモテの男性には直接デートに誘うようなやり方よりも、あえて一歩引きつつ近づいた方が効果的かと思います!

モテる男性には「あえて控えめに好意を伝える」

モテる男性には、グイグイとアピールする肉食系女子からのお誘いがたくさん! その中で相手に「おっ?」と思ってもらうためには、ド直球よりもちょっと控えめな好意の匂わせがポイントとのこと。

ふむふむ、「用事ついでの追いLINEで個人的な気持ちを入れる」ね。勉強になります!

次回は、「意識高い系男性へ初デート後に送るLINE」をテーマにバトルを展開。お楽しみに!

(取材・文:ameri、撮影:天野利哉、編集:鈴木美耶/マイナビウーマン編集部)

BACKNUMBER 「#LINEバトル3」をもっと見る

MORE

SHARE