お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「最後に選ぶべき男性」の特徴3つ

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

私たちが最後に選ぶべき男性とは? 世間でいろいろと言われていることを恋愛コラムニスト石谷ちよさんの視点でまとめてもらいました。

皆さんはどんな男性が好みですか? 容姿が整っていることや話が面白いことなど、こだわるポイントは人それぞれですよね。

でも、結婚相手に求めるべきものは、そう単純ではありません。生涯を共にする相手だからこそ、本当に大切なポイントを踏まえたパートナー選びをしましょう。

今回は、恋愛コラムニストの石谷ちよが「最後に選ぶべき男性」の特徴を解説。パートナー選びの基準が知りたい!という方は必見です。

白馬の王子様を信じてない? シンデレラ症候群度診断

(1)自然体でいられる人

価値観が似ていることも大事ですが、それよりも重要視すべきことは自然体でいられるかどうか。

お互いに顔色を伺い合ったり、意見を相手に合わせ過ぎたり……気を使う相手が隣にいるだけで、精神的にぐっと疲れてしまいますよね。特に、家の中というのは一番の憩いの場。一緒に暮らすパートナーの存在を意識しすぎてしまうと、落ち着ける空間ではなくなってしまいます。

他人である以上、どこかで価値観の違いは生まれるもの。その度に、2人で解決方法を話し合って探していくしかないのです。

もちろん、そこには多少の妥協も必要となるでしょう。ですが、衝突しながらも飾らない自分でいるからこそ、本当の楽しさや休息を得られるのですね。

(2)リードとフォローをしあえる人

付き合っている段階では映画やディナーなど、いかに2人の時間を楽しめるか、に重点を置いて相手を見ますよね。

でも、共に人生を歩んで行くとしたら、家の中で過ごす時間が大半を占めるようになります。そんな中、家事や育児を全くしない人をパートナーに選んでしまうと、生涯にかかる負担は非常に大きなものとなります。

初めは他人である2人も、家族というチームになれば助け合いが必要不可欠。得意な分野をリードし、片方がフォローする。その形を築ける相手こそが、理想のパートナーだといえます。

ここで、器用か不器用かは関係ありません。生活は2人で作り上げるもの。協力し合うことが当たり前だという考え方を持つことが大切なのです。

(3)話を聞いてくれる人

最後はかなり単純なことですが、これが意外と難しく、そして最も重要なポイントです。

他人との人生はコミュニケーションの積み重ね。それができない人と一緒といても、心の距離は離れていくばかりです。

パートナーの言葉の意味を自分でしっかり考え、理解しようとすることが大切。快く話を聞いてくれていたとしても、言葉の意味を考えず、単に耳に入れているだけでは全く意味がありません。

けんかをしたときも、面倒だからと話を受け流して当たり障りない謝罪で終了していては、根本的な解決は何もできませんよね。言葉の奥にある考えや感情を理解して、初めてけんかが意味のある行為となるのです。

最後に選ぶ男性は、自分の話にしっかりと耳を傾けてくれる人にしましょう。

自分を理解して最高のパートナー探しを

生涯のパートナーには何を優先して求めるべきなのか。今付き合っている彼を最後の男性として選んでもよいのか。

まだ付き合っている段階では、自分の意思もあやふやで答えが見えてきませんよね。

そこで、歳をとった自分を想像してみてください。退職後、パートナーとのんびり暮らす毎日。時間に縛られることなく、したいことは何でもできます。そこでパートナーに求めるものを考えてみましょう。

「一緒に趣味を楽しみたい」「1人の時間を尊重して欲しい」「歳をとってもふざけあいたい」など、あなたは何をパートナーに求めますか?

自分が求める男性像をしっかり理解し、最高のパートナーを見つけましょうね。

(石谷ちよ)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

一線引かれてない? 「近寄りがたい女度」診断

人の目ばかり気にしてない? キョロ充診断

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

自由奔放に生きるフリーライター。出会った男性の家を渡り歩きながら生活していた過去を武器に、恋愛コラムニストとしてライター活動を開始。自分を見つめるために、5ヶ月間ほど山で、電気なしガスなしの生活をしていた経験あり。瞑想に瞑想を重ね自由を貫くことを決める。幸せだと感じる生き方、しんどくならない他人との付き合い方など、心理的なコラムも手掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE