お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「行き当たりばったり」の意味は? 心理と人生への向き合い方

小日向るり子

あまりにも計画性がなく「行き当たりばったりな人生だな……」と思うことはありませんか? 行き当たりばったりな性格はデメリットばかりではないですが、気になるようなら直したいもの。そこで今回は心理カウンセラーの小日向るり子さんに、そんな性格の直し方について聞いてみました。

「私の人生、“行き当たりばったり”な気がする。このままでいいのかな……」と悩んでいませんか?

特に、落ち込む出来事が続いたりすると、思考が負のスパイラルに巻き込まれてしまいますよね。

ただ、行き当たりばったりな生き方は一概に悪いことなのでしょうか? 今回は「行き当たりばったりな人生」についてさまざまな角度から考えてみたいと思います。

Check!

日常から目をそらしたい? 「現実逃避度」診断

「行き当たりばったり」の意味

まずは、「行き当たりばったり」の言葉の意味や、類語・同義語などをおさらいしておきましょう。

「行き当たりばったり」とは?

行き当たりばったりとは、「無計画にその場の成り行きに任せて行動を起こしている様子」のことをいいます。

「行き当たりばったり」の言い換え表現

「出たとこ勝負」「ぶっつけ本番」といった言葉は、行き当たりばったりの「無計画に物事を進めて、壁に当たると当たった時点で次の行動を考える」という意味の上では同義です。

ただ、「出たとこ勝負」と「ぶっつけ本番」は、試験など一過性の出来事に対して使うことが多いのに対し、「行き当たりばったり」は連続した時間の過ごし方に対して使われることが多いです。

また、「その場しのぎ」も同じような意味で使われることが多いですが、これらの言葉は「うまく取り繕う、場をごまかす」という意味です。

つまり、「成り行きで行動したその“結果”、取り繕ったりごまかしたりする様子」に対して使われることが多い言葉だといえるでしょう。

次ページ:行き当たりばったりな人の特徴

SHARE