お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「行き当たりばったり」の意味は? 心理と人生への向き合い方

小日向るり子

行き当たりばったりな人の特徴

では、行き当たりばったりな人にはどのような特徴があるのでしょうか。心理学的観点から紹介します。

(1)快楽主義

快楽主義とは、自身の心地良さに大きな価値を置く思考のことです。

行き当たりばったりにならないためには、まず計画を立てるということが大切になってきますが、計画を立てることはラクな作業ではありません。

ですので、快楽主義の人にとっては計画を立て、さらに実行に移すまでが途方もなく長い道のりに思えてしまい、「やっぱり無理」となってしまいがちなのです。

(2)刹那主義

刹那主義とは、過去も未来も考えず、今この瞬間を感情のままに生きることに価値を置く考え方のことです。

そんな刹那主義な人は、物事の捉え方も人間関係においても来るもの拒まず去る者追わずですので、気負いがなく本人の実感としては楽しく生きている人が多いです。

しかし、周囲の人がそれに振り回されてしまうということがよくあります。

(3)衝動性が強い

「興味があるものにはすぐに手を出す」「思ったら即実行しないと気が済まない」「興奮すると後先考えず行動してしまう」といった衝動性が強いタイプも、結果として行き当たりばったりになりやすいです。

このタイプは、刹那主義のように自らその思考を主義としているという人は少なく、後から行動を振り返り後悔することも多いので、このような自分の性格に悩んでいることもあります。

(4)ポジティブ思考

物事を全て良い方向に考えるポジティブ思考な人も多いです。

このタイプは、行き当たりばったりの先が残念な結果であっても「この経験は次に生かせる!」と前向きに捉えることができます。そのため、行き当たりばったりな生き方が怖くないのです。

次ページ:「行き当たりばったり」な性格はデメリットばかり?

SHARE