お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ワンチャン」の意味とは? 語源や使い方を解説【ネットスラング大辞典】

落合正和(WEBメディア評論家・マーケティングコンサルタント)

「ワンチャン」という言葉を耳にしたことはありますか? ここ最近、SNSや電子掲示板などでもよく見かけるという方も多いのではないでしょうか。このような俗語(スラング)も、言葉の意味や元ネタを調べると、思い掛けない発見があるかもしれません。今回はWebメディア評論家の落合正和さんに「ワンチャン」について解説してもらいました。

「ワンチャン」は、若者の間でよく使用されている俗語(スラング)で、SNSや電子掲示板などでもよく見かける言葉です。

インターネット起源の言葉ではないため、ネットスラングとは少し異なりますが、口語のみならずオンライン上でも頻繁に見かける言葉となっており、その意味が気になるという人も少なくないでしょう。

今回は、そんな「ワンチャン」の意味を紹介していきます。

「ワンチャン」の意味と対義語

まずは「ワンチャン」の言葉がどういう意味を持つのか、またその対義語について紹介します。

「ワンチャン」の意味は「まだ可能性がある」

「ワンチャン」は、「ワンチャンス(One Chance)」を略した言葉で、元々の意味は「1度のチャンス」、「可能性は低いけれども成功の余地がある」、「期待は薄いがまだわずかな可能性を残している」という意味で使用されていました。

言葉の浸透とともにその意味は少しずつ変化し、現在では、

・もしかしたら
・ひょっとしたら
・可能性がある

という意味を表す言葉として使われるようになっています。

大学生など比較的若い層により、さまざまな場面で幅広く使用されており、使用時の意味合いも発する人によって少し変わってきます。

なお、「ワンチャン」の使用範囲はオンライン・オフラインを問いません。

対義語は「ノーチャン(ノーチャンス)」

対義語として、「可能性がない」「もう機会が得られない」といった時に「ノーチャン(ノーチャンス)」という言葉が使われることもあります。

加えて、「ワンチャン」よりも可能性が高い、または2度の可能性や機会が生じている際、「ツーチャン(ツーチャンス)」、100%可能性があること、間違いないことを表す際に「フルチャン(フルチャンス)」という言葉使われています。

次ページ:「ワンチャン」の元ネタや語源

SHARE