お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これは20代まで。犬山紙子が「30代でやめたこと」

#犬山の遠吠え!やってまーす

犬山紙子

エッセイスト・TVコメンテーターとして活躍する犬山紙子さんが、恋愛・人間関係・趣味などあらゆるテーマで語るラジオ『犬山の遠吠え!やってまーす』。本連載では番組内のトークを言葉にし、音声と共にお届けします。今回は2020年11月23日放送分から。

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

今回もリスナーさんからのお便りを紹介していきます。

犬山さん、こんばんは。いつも楽しく聴いています。

以前この番組で「30〜40代で新しく始めたことができたら教えてください」というお話をされていて、僕もいろいろ始めてみようかと思い新しいことを探したのですが、結局いつもの音楽・いつもの本など、今まで通りの生活をしてしまっています。

新しいことを探すうちに「『これはもう無理だな』とやめていること」もあると気付きました。僕の場合だと、「話題になっているお店に味を確かめに行くこと」です。最近は同じ店・同じ味が良いと思い、探すのを諦めました。

犬山さんも、新しいものを探しつつも「実はこれを諦めました」ということがあれば教えてもらえないでしょうか?

「新しいこと」を探す中での気付き

「話題になっているお店に味を確かめに行くこと」を諦めた、ってちょっと面白いですね。

同じ店・同じ味って良いですもんね。“いつものお客さん”になれるし、味に失望することもない。諦めたことにより、普段のささやかな幸せがより際立つみたいなことなんでしょうか。

犬山紙子が「30代でやめたこと」とは

私が30代の時に諦めたのは……「ハイヒールを履くこと」をやめました!

20代の頃、ヒールの高い靴をほぼ毎日履いていたんです。脚が細く長く見えるのが好きだったんですよね。あとは、ハイヒールの形も好きで。

いまもヒールの靴自体は好きなので、履きこなしている人を見るとかっこいいなぁと思うんですけど、もう……履くのが痛いんですよ!(笑)

今はスニーカーをよく履くので、駅とかでも階段をポンポンと上がれるし、エスカレーターやエレベーターにも乗らなくなりました。

思い返せば、20代の頃ってめっちゃエスカレーターやエレベーター乗ってたなぁって。それって、ヒールで脚が痛くて、ちょっとでも休みたいからなんですよね。

電車で席に座ることに命をかけていたのも、ヒールを履いていた時代でした。

今は電車でも立って、トレーニングがてらお尻の筋肉をちょっと締めたり、立ちながら腹筋を鍛えたりとかして、楽しいですけどね。

20代の時にコレクションしていたヒールも、デザイン性のある良い靴を中心に集めていたので、捨てたり売り払ったりするのはもったいない。ほとんど、スタイリスト志望の友達に贈っていますね。

結婚式に出席する時にもめちゃくちゃ楽なヒールしか履かないです(笑)。「脚が痛くなる」というハンデをもう背負えない!

今は楽なヒールが出てきていると思うんですけど、もっと「10時間履いても疲れない!」というようなヒールが開発されるといいなぁ。

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

※この記事は2020年12月26日に公開されたものです

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。美人なのになぜか恋愛が上手くいかない女性たちのエピソードを綴ったイラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。SPA!やananなどで連載中。「スッキリ!」、「みんなのニュース」などコメンテーターとしても活躍する。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#犬山の遠吠え!やってまーす」をもっと見る

MORE

SHARE