お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【難読漢字】“かくかく”でOK? 「各々」の正しい読み方

マイナビウーマン編集部

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「各々」の読み方です。

これって“かくかく”じゃないの? 「かくかくしかじか」なんて言葉もあるし……。ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

「各々」の読み方は?

各駅停車、各社、各自などの言葉に使われる「各」という漢字。一般的には、“かく”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。「各」という字自体には、めいめい、ひとつひとつ、それぞれのといった意味が含まれます。

しかし、これに「々」をつけて繰り返すと、その読み方は難解に。きっと多くの人がなんと読めばいいのか戸惑うはずです。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“おのおの”と読みます。

「各々」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「各々」の意味は以下のように解説されています。

《「己 (おの) 己 (おの) 」の意》

1 [名]多くのもののそれぞれ。めいめい。副詞的にも用いる。「学生―の自覚にまつ」「入選作は―すぐれている」
→其 (そ) れ其 (ぞ) れ[用法]

2 [代]二人称の人代名詞。皆さん。
「是御覧ぜよ、―」〈平家・三〉

読み方は難しいのですが、文字としてはよく目にする言葉です。「各」という漢字字体に「一人ひとり」「めいめい」「それぞれ」といった意味がありますが、それを繰り返すと、もっとたくさんの数をイメージできますよね。

読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「各々」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。同じ漢字を重ねることで、意味は同じでも、スケール感を出すことができるんですね。

ちなみに最初に書いた“かくかくしかじか”は「斯々然々」と書きます。「各々」と同じように、「斯」は「これ」という意味ですし、「然」は「そのように」といった意味があります。

これから私たちはどんな言葉を新発見できるのか、楽しみですね。

(マイナビウーマン編集部)

※この記事は2020年11月28日に公開されたものです

SHARE