お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元彼を見返す方法は? 彼が別れを後悔する瞬間も紹介

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

彼氏に振られてしまったら、見返したいと思う女性も少なくないはず。でも、具体的にどうしたら見返すことができるのでしょうか? 今回は、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキさんに、外見編・内面編・行動編の3つに分けて教えてもらいました。元彼が別れを後悔する瞬間も併せて紹介します。

彼氏に振られてしまった。

「私はこんなに好きなのに!」「何も悪いことしてないのに!」「たくさん尽くしてきたのに!」「何で!?」。

そんな思いから、「絶対に見返してやる!」と意気込んでいる女性もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、元彼を見返せるおすすめの方法についてお話させていただきます。

元彼が別れを後悔するのはどんな時?

まず、別れたことを男性が後悔するのは、どんな時でしょうか? それが次のようになります。

(1)「助言をくれる良い女だったな」と思った時

彼女の優しさに甘え、尽くしてくれたことを感謝せず、当たり前に思う。

そして、彼女のことは評価せず、自分のことを過大評価してしまい、「俺には他にもっといい女性がいるんじゃないか?」と思って別れを告げた。

でも、元カノを超える女性はなかなかいない。

そんな時、ふと思うんです。「良い女だったな」って。

付き合ってる時はそんなふうに思ったことはなかったけど、別れて分かる元カノの良さ。

そう、人はなくしてから大切さに気付くところがあるのです。「あんなふうに言ってくれたの、元カノだけだったな」と。

彼氏の至らない点をちゃんと言ってくれる彼女って、実はなかなかいないんです。

もちろん言い方はあるので、上から目線かつ強い口調で言ったり、見下すように言うのはよくありませんが、諭すように彼氏を注意できる女性って、すごく貴重なんですよね。

「そういうことすると○○だから、良くないと思うよ」「あんまりそういうこと言うと○○って思われるから、言わない方がいいと思うよ」というように。

しかし、彼氏である男性は、事あるごとに注意してくる彼女を疎ましく思ってしまう時があるのです。

こういう場合、男性は時間がたってから、元カノの言葉の意味を考え、悔いることがあるんですね。

その時、「あんなふうに言ってくれたの、元カノだけだったな」と思い、別れを後悔するケースがあるわけです。

(2)「かわいかったよな」と思った時

前述したように、人はなくしてから大切さに気付くところがあります。

交際中は気にもとめなかった彼女の言動。

ふとした表情や仕草。

別れてから、ふと気付く時があるのです。「かわいかったよな」と。

ルックスも内面も女性としてかわいかったなと、別れてから気付いて後悔する時が、男性にはあります。

(3)「ひどいことしてしまったな」と思った時

彼女に不誠実だったり、不義理ばかりしてしまった。

そのせいで、たくさん傷つけてしまった。

しかも、別れ方まで最悪。

こういった時、別れてから激しく後悔する男性がいます。「ひどいことしてしまったな」というように。

彼女が良い子であればあるほど、罪悪感にかられ、「もっと大事にすれば良かった」と、後悔が襲ってくる場合があります。

(4)「何でコイツと付き合うんだよ」と思った時

これは、元カノがSNSなどで「彼氏ができました」宣言をした時ですね。

一緒にいる男性が、自分よりもかっこよくない、イケてないと感じた時、「何でコイツと付き合うんだよ」というように、何ともいえない複雑な気持ちになる時があるのです。

しかし、これは多くの場合、純粋に別れを後悔しているというよりも、「元カノがいつまでも自分のことを好きでいるに違いない」という思いから、独占欲や所有欲が満たされなくなったことを感じて後悔しているケースです。

次ページ:元彼を見返すおすすめの方法

SHARE