お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が見せる「別れの予兆サイン」5つ

北原 古都那

お付き合いをしているなかで、相手の嫌な部分を見てしまい、別れたいと思った経験はありませんか?

相手にはっきり別れを伝えるという人もいる一方で、傷つけずに別れたいという人もいるはず。そこで、男性が出す、別れのサインについて聞いてみました。

(1)連絡や会う回数を徐々に減らしていく

・「なるべく会う時間を減らす。連絡もだんだん減らす」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「連絡の頻度が少なくなり、自然とフェードアウトする」(37歳/情報・IT/技術職)

男性が彼女と別れたいときに、よく取る行動として挙げられるのが連絡や会う回数を減らすこと。以前と比べて減っているのなら、別れのサインの可能性があることを覚悟しておいたほうがいいのかもしれません。

(2)LINEやメールの返事を返さない

・「LINEの返事をしない」(23歳/情報・IT/事務系専門職)

・「メールの返答をしない」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

相手のことが大好きなときは、楽しいと感じるLINE やメールのやり取り。心変わりすると、やり取りをすることすら面倒くさいと思ってしまうようです。本当に忙しい場合や、もともとこのようなやり取り自体を面倒くさいと感じている男性もいるので一概には言えませんが、あまりにも急激に回数が減った場合は、彼氏の気持ちに変化があったのかもしれませんね。

(3)仕事を理由にして会わない

・「次会う約束をしないようにします。聞かれても「今仕事で忙しいから予定が立てられない」と言って、自然消滅に持っていく」(32歳/機械・精密機器/その他)

・「メールやラインの返事が遅くなる、仕事を理由にして会わない」(27歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

本当に仕事の場合ももちろんありますが、あまりにも続くと、別れを考えているのかもしれないですね。

(4)そっけない態度

・「ぶっきらぼうな感じ・態度になる……かな? でも、そういうのをあまり見せすぎるのもかわいそうなので、早めにスパッと別れます」(39歳/学校・教育関連/その他)

・「冷たい態度をして、そっけないことをする」(33歳/情報・IT/営業職)

はっきり別れたいと、口に出して言わなくても、態度で感じてほしいという気持ちの現れなのでしょう。気遣いのようにも思えますが、はっきり別れを言ってもらったほうが楽なケースもたくさんありそうですね。

(5)はっきり相手に伝える

・「サインを出すとかじゃなくハッキリと言う」(28歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「そんなことはしない。要件をはっきりと言うから」(37歳/小売店・販売職・サービス系)

サインや態度などで示さず、はっきり言うという意見の男性も。回りくどい伝え方をされるよりは、言ってくれた方が無駄に悩む時間も減りますよね。

サインを読み取ってしまったら

男性は彼女と別れたいと思ったときは、意外とわかりやすい行動や態度をとりがちです。もし、彼の態度が急に変わったのなら、それは別れたいときのサインの可能性も。

あなたがどんなに彼を好きでいても、実は彼は同じ気持ちではないのかもしれません。自分ばかりを優先せず、彼の気持ちにも気づいてあげるようにしましょう。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年5月17日~5月19日
調査人数:404人(22~39歳の働く男性)

北原 古都那

この著者の記事一覧 

SHARE