お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

すっげー下品。男性が「彼女にやめてほしい癖」6つ

前田郁

自分では気づかないのが「癖」。でも、知らぬ間に彼に嫌な思いをさせているかもしれません。

そこで働く男性約280人に「彼女にはやめてほしいと思っている癖」を聞いてみました。

これを機会に自分の何気ない行動について見直してみませんか?

(1)ずっとスマホを見ている

・「寝る前にスマホばかりいじってかまってくれない」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「スマホばかり見ている」(32歳/金属・鉄鋼・化学/クリエイティブ職)

かなり多く見られた意見です。「僕と話をするよりも、スマホの方が大切なの!?」彼のそんな心の叫びが聞こえてきそうです。

ふたりで一緒にいる時間は、スマホより彼の顔を見て過ごしてあげてはいかがでしょうか。

(2)悪口を言う

・「悪口ばかり」(27歳/農林・水産/専門職)

・「人の悪口」(33歳/小売店/営業職)

ちょっとした悪口を言うと、ストレス解消ができて気持ちよかったりしますが。悪口ばかりだと聞いているほうは疲れてしまうようです。

(3)ネガティブ思考をしがち

・「ネガティブ癖」(31歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「ため息、ネガティブな発言、ネガティブな思考」(34歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

信頼できる彼に弱音を吐きたくなる気持ちはよく分かりますが、あまりに頻繁だと、うんざりしてしまうのかもしれません。彼だって弱音を吐きたいときだってあります。それに身近な人にこそ、感情は伝播してしまいがち。こちらもほどほどがよさそうです。

(4)浪費癖がある

・「金遣いの荒さ」(29歳/建設・土木/営業職)

・「浪費癖」(33歳/機械・精密機器/技術職)

女性のお金の使い方を男性は案外見ているんですね。でも、これは将来も一緒にいることを前提にしているのかもしれません。彼との結婚を考えているなら、お金の使い方も見直してみてはいかがでしょうか。

(5)食事のマナーが悪い

・「食事の悪い作法」(29歳/自動車関連/技術職)

・「肘をつけながらご飯を食べる」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

食事のマナーはその人の品格に関わります。肘をついたり、くちゃくちゃ音をだして食べたり、箸づかいが悪かったりなど、「癖」になっていることも多いので、気を付けましょう。

(6)荒い言動

・「がさつ」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「荒い言動」(26歳/運輸・倉庫/その他)

このほかにも「声が大きい」「下品な言葉使い」などの回答が見られました。良い言い方をすると「サバサバした女性」とも言えますが、度を越すと「がさつな女性」になってしまうので注意が必要です。

悪い癖は早めに直そう

男性に彼女の「やめてほしい癖」を質問すると、「トイレのドアを開けっぱなし」とか「大食い」とか「歩くのが早い」とか、そんなものが挙げられると思っていましたが、もっと人格に関わることがあげられていました。

女性としては「それも含めて好きでいて」という気持ちですが、楽しく時間を共有できる努力はお互いにしていきたいですね。

(前田郁)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年10月20日~10月22日
調査人数:283人(25歳~34歳の働く男性)

 

前田郁

この著者の記事一覧 

SHARE