お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

天才肌の意味とは? 特徴とそう見られる方法【診断付き】

秋カヲリ

あなたの周りにも「あの人は、天才肌だな」と感じる人はいませんか? でも、その才能ってほとんどは努力で培ってきたもの。今回は、心理カウンセラーの秋カヲリさんに、天才肌の人の特徴やそんな人になる方法を教えてもらいました。

「あの人って天才肌だよね」と言われる人がいますが、一体どんな人が天才肌に当たるのでしょうか? 持って生まれた才能のように思われがちですが、実は天才肌は努力次第で誰でも目指せるものです。

今回は、そんな天才肌の特徴や、今のあなたが天才肌なのか確かめる診断、天才肌になるための方法などを解説します。

天才肌の意味は? 天才・努力家との違い

では、まず「天才肌」とはどういう意味なのか、おさらいをしましょう。

てんさい‐はだ【天才肌】 の解説
1 天才かと思うほどに人並み優れた能力を持っていること。また、その人。「―の技術者」

2 人に天才かと思わせるような雰囲気を持っていること。天才であるかのように振る舞うこと。また、その人。「芸能界には―の人が多い」

(『デジタル大辞泉』)

天才肌とは、「天才だと思うくらい優れた能力を持っている人」「優れたクリエイティブ、芸術、運動、勉強などの分野において、先天的に著しく高い能力を持つ人のこと」を指します。

類語としては、

・「有能」
・「一流」
・「名人」

などが挙げられます。

天才との違いは?

天才肌と「天才」は、似ているようで少し異なるニュアンスを持ちます。

てん‐さい【天才】 の解説
生まれつき備わっている、並み外れてすぐれた才能。また、そういう才能をもった人。「数学の―」「―肌のプレーヤー」

(『デジタル大辞泉』)

天才肌は「天才っぽい人」のようなニュアンスを持つ一方、「天才」は、生まれつき才能が備わっている様子を指します。

つまり天才肌の人は、生まれ持った才能だけでなく、努力によってすばらしい能力を手に入れている人のことだと言えるでしょう。

努力家との違い

では、天才肌の人と「努力家」の違いは何なのでしょうか。

そもそも、「努力家」という言葉には以下のような意味があります。

どりょく‐か【努力家】 の解説
つねに努力している人。なまけずによく励む人。

努力を重ねて天才肌と呼ばれる人になっているということは、「天才肌=努力家」とも言えそうですね。

天才肌も努力家も、自称するのではなく他人から「○○さんは天才肌or努力家だよね」と言われる場合が多いでしょう。

言葉の違いを挙げるとしたら、天才肌=努力しなくても人並外れた能力を持っているように見える人、努力家=いつも努力している人といったニュアンスがあるかもしれません。

次ページ:天才肌の人に見られる特徴

SHARE