お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生理前・生理中にむくみが出るのはなぜ? 原因とセルフケア法

松峯美貴(産婦人科医・医学博士)

生理の前や生理中に足や顔などがむくんでいるような気がしませんか? なぜ生理周期に伴ってむくみの症状が出るのでしょうか。産婦人科医の松峯美貴先生にむくみの原因と解消法について伺いました。

朝起きて鏡に映るむくんだ顔にうんざりしたり、いつものパンプスが履きづらかったり……生理(月経)が近づくころ、顔や足が腫れているように感じることがありませんか?

今回は不快なむくみと生理との関係や対処法をまとめます。

※この記事では月経について、一般的な表現である「生理」という言葉を使ってお伝えします

生理周期とむくみの関係は?

毎月の経験から、むくむ具合で「そろそろ生理が始まる!?」と察知する人もいるかもしれません。生理周期とむくみについて説明します。

「むくみ」の正体は?

まずは、むくみ※とはなんなのかについて、簡単に押さえておきましょう。

むくみとは「皮膚の下(細胞と細胞の隙間)に水分が必要以上に貯まっている状態」のこと。

体の約6割を占める※※水分は、体の中では細胞のほか、血管やリンパ管、そして細胞間質液(細胞と細胞の間を埋めている液)にあります。細胞以外の水分は、血管から間質へ滲み出たり、間質から血管へ戻ったりしながら、通常は一定の水分割合を保っています。

しかし何かしらの原因で、毛細血管から間質に出る水分が多くなる、もしくは間質から毛細血管に戻る水分などが減ることで、間質内の水分が増えてしまうと「むくみ」の状態になるのです。

※「むくみ」は一般的な言い方で、医学的には浮腫(ふしゅ)と言います。
※※成人の場合。

生理前はむくみやすい!?

そんな「むくみ」ですが、生理とはどんな関係があるのでしょうか。
女性の体内で分泌される女性ホルモンの量は、生理周期の中で変化しています。

排卵後、生理の前の時期は「黄体期」と呼ばれ、「プロゲステロン=黄体ホルモン」の分泌が増加します。その作用で体内の水分を調節するホルモン(レニン)の活性が高まり、結果、体に水分が貯まりやすくなると考えられます[*1]。生理前のこの時期は、むくみやすい状態にあるということですね。

PMSでもむくみは起こる

生理前3〜10日ぐらいの黄体期の後半ごろは、むくみのほかにもイライラ、気分の落ち込み、乳房の痛みや頭痛、お腹の張りなど、心身ともにさまざまな不快な症状が現れることがあります。これは「月経前症候群(PMS)」と呼ばれ、生活に支障をきたすほどの強い症状がある女性も5.4%いるとされています[*2]。

PMSの原因は明確になっていませんが、主にプロゲステロンによるものと考えられています。

生理のある日本人女性の7、8割が生理前に何かしらの症状があるというほど、PMSは珍しくない病気です [*2]。しかし、生理痛を“生理は病気じゃないから”と我慢している人が多いように、PMSのつらい症状も我慢している人が少なくありません。

確かに生理そのものは病気ではないですが、PMSは適切な治療で改善が期待できる病気です(生理痛も!)。症状があるときは我慢しないで、ぜひ婦人科に相談してください。症状の程度や原因を確認し、改善に向け一緒に対処していきましょう。(松峯先生)

生理中もむくみやすい?

PMSは一般的に「生理が始まると症状が軽減するか、なくなる」とされますが、生理中もむくみを感じる女性は少なくないようです。

それは、すべてのむくみが生理周期と関係しているわけではないため。むくみを引き起こす原因の中には、治療を必要とする疾患(甲状腺機能低下症、膠原病、心疾患、腎疾患など)もあるので、「単なるむくみ」と軽く考えて放置するのは禁物です。

むくみがひどい、むくみ以外にも症状があるという場合には、速やかに医療機関(内科など)の受診をお勧めします。

次ページ:むくみを予防・改善するには?

SHARE