お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生理になるとだるいのはなぜ? 原因と対策

松峯美貴(産婦人科医・医学博士)

だるさが生活や仕事に影響していたら?

だるさを改善するには、症状とどのように向き合えばよいのでしょうか。

生理のだるさ、どうすればいい?

「月経前症候群(PMS)」や「生理の異常」「月経困難症」などのだるさは、生理のせいだから仕方がないと考えず、婦人科で診察を受けましょう。

PMSや生理によるだるさは原因や症状が多様で、いくつかの原因が重なっていることも多いので、治療法は1つではありません。患者さんのつらいことをよく聞き、症状を軽減するための生活上のアドバイスをするとともに、多くの治療法の中から適した方法や薬をコーディネートしていくケースが多いです。

だるさなど生理で起こるトラブルを放置すると、症状を悪化させる要因になることもあるので、早めに相談してください。(松峯先生)

生理に関連するだるさ、治療は?

まず、生理の異常や月経困難症を引き起こしている原因疾患があるのであれば、必要に応じて治療を行います。そして、PMSや月経困難症の各症状に合わせた“対処療法”も行います(痛みなどには鎮痛薬などを処方)。

なお、共通する治療の選択肢の1つに、低用量ピルがあります。低用量ピルは生理周期に大きく関わる2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が配合された口から飲む薬です。卵巣から分泌される女性ホルモンを外から取り入れ続けるため、卵巣はお休みして女性ホルモンの分泌も排卵も止まります。結果として、女性ホルモンの変動がほとんどなくなるため、生理による体調や気分の変調もなくなります。

薬による治療(薬物療法)にはいくつも選択肢があります。低用量ピルなどは服用している期間だけ一時的に排卵を止める薬で、使用を中止してしばらくすると排卵が再開します。薬について疑問や不安があるときは主治医や薬剤師とコミュニケーションをとり、用法や作用についてよく理解・納得して、利用しましょう。 (松峯先生)

生理についてフランクに話せる機会をもとう

生理のことや、心身のだるさなどの症状は人に話しづらいことかもしれません。松峯先生は「話しづらい」ことのストレスも症状を悪化させる場合があると指摘しました。

つらく不快な症状がある生理に対して『面倒くさい』といった気持ちをもつのは自然です。

症状を軽減する治療を受けながらも、フランクに話す機会をもつこともストレス解消に大切ですから、身近に話せる人がいなかったら、婦人科で主治医に話し、心の負担も軽くしてください。(松峯先生)

ゆとり&リフレッシュを

生理期間だけに限らず、健康をベースに快適な毎日を過ごすために、松峯先生は「ゆとりをもって心と体のメンテナンスをする時間をもってほしい」と話しました。

特に生理期間中にだるいときはだるさに身をまかせて、休養たっぷりに過ごしましょう。だるさの原因に応じた治療を受けながら、無理をせず過ごすことが大切です。

特にPMSではカウンセリングを行って、適度な運動や睡眠・生活習慣の改善などの指導を行います。家でのんびりしながらできる美容ケアやストレッチを試すなど、忙しくてもなるべくリフレッシュできるオフタイムをもって、夜には約7時間(25〜45歳の場合)、連続した睡眠をとってください [*9]。(松峯先生)

次ページ:だるさなど生理中のつらい症状、仕方がないと思わず受診を!

SHARE