お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

塩対応ってどういう意味? 塩対応をする人の心理や対処法

高見綾(心理カウンセラー)

塩対応された時の対処法

ここでは、好きな人から塩対応をされた時の対処法を紹介します。

そういう人だと受け入れる

冷たい対応をされてしまうと、「ひどい」「私のこと嫌いなの?」とショックを受けてしまうことがあると思います。

ですが、塩対応する人の中にはもともと人見知りであったり、あっさりした性格であったりして、本人に悪気があるわけじゃないことも多いです。

恥ずかしさを隠すために、そっけなく振舞ってしまうタイプの人であれば、気にせず普通に接してもらえた方がうれしいはずです。

こちらが警戒してしまうと余計に距離が開いてしまうので、「こういう人なんだ」と受け入れていつも通り接しましょう。

なるべく本人を変えようとせず、ありのままを受け入れてあげるようなつもりでいると良いですね。

特に、会っている時は普通なのにメールやLINEだと塩対応という場合には、メールやLINEが苦手なだけという可能性が大。

他の人に対しても同じようにそっけない対応をしているのであれば、個性だと思って受け入れてあげた方が関係もうまくいきやすいです。

ゆっくりと時間をかけて関係を構築する

塩対応する人は恋愛には慎重な傾向があります。

ぐいぐいアプローチをすると、引かれてしまう可能性がありますので、ゆっくり時間をかけて距離を縮めていきましょう。グループで仲良くしていく方法も良いかもしれません。

また、塩対応をする人は裏表が無い性格をしていることが多いので、まずは人としての信頼関係を築いていくところから始めたいものです。「この人は信頼できるな」と思ってもらえれば、少しずつ話してくれるようになってくるでしょう。

もし、冷たい対応の理由が自分にあまり興味を持たれていないということであれば残念に思ってしまいますが、その場合はまず接触回数を増やして感じ良くあいさつをするところから始めてみましょう。

接する頻度が上がれば、その分興味を持ってもらえるようになるかもしれません。

さりげなく好意を伝える

塩対応する人は、不器用なタイプの人が多いです。

なので、あまり回りくどい方法を取っても気付いてもらえなかったりするので、できるだけストレートに好意を伝えていくのが良いでしょう。

「私は○○くんのそういうところ、正直で良いと思うけどな~」「○○さんと話してると楽しい」と素直な気持ちを表現しましょう。

そうやって褒めてもらえると嫌な気はしないものなので、いずれ心を許してくれるようになるかもしれません。ただ、ぐいぐいアプローチしすぎると相手が引いてしまう可能性があるので、加減も調整しましょう。

また、知り合いに、「○○さんって良いよね~」と間接的に褒めておくと、いずれ本人の耳に届きます。

間接的に言われることで、それまで興味がなかった相手であっても意識してしまうことも十分ありますので、めげずに様子を見ましょう。

すぐに結論を出さずに相手の様子をよく見極めること

好きな人に塩対応をされたらショックですよね。

でも、冷たい対応をされたとしても、本人には悪気が無い場合もあります。もともとあっさりした性格だということもありますし、人付き合いが苦手なだけという可能性もあります。

もちろん興味を持たれていないから愛想がないという可能性もありますが、すぐに結論を出すのは早いかもしれません。

相手の様子をよく見極めながら、それぞれの心理に合った対応を心掛けたいですね。

(高見綾)

※画像はイメージです

※この記事は2020年10月27日に公開されたものです

高見綾(心理カウンセラー) (心理カウンセラー)

“質上げ女子”のカウンセリングをメインで行っている。電話、面談(ZOOM、名古屋)によるカウンセリングや講座を中心にあなたのお悩みをサポート。

大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事。自身の悩みを解決するために心理学を学びはじめ、人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づく。豊富な臨床経験から、心の世界で学んだことを現実に活かすアプローチに高い評価をいただいている。

著書は「ゆずらない力」(すばる舎)。他、PHPスペシャルに記事を寄稿するなどマルチに活動中。

高見綾のブログ https://takamiaya.com/

 

この著者の記事一覧 

SHARE