お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「あ、私フラれるな」と確信する5つの瞬間

マイナビウーマン編集部

誰もが恋人とはいつまでも仲良く、ラブラブでいたいものですよね。しかし、いつまでも良好な関係でいられるとは限らないのが、恋愛の難しいところ。ふとした瞬間に別れを予期してしまうこともあります。

今回は、女性たちが「フラれてしまう」と確信する瞬間について調べてみました。

(1)連絡がこなくなった・減った

・「連絡が返ってくるのが遅くなったとき」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「数日以上音信不通になり、こちらからばかりメッセージしているとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

これまで頻繁に連絡があったのに、急に連絡がなくなったり頻度が減ったりした場合は、相手からの興味や関心が薄くなった可能性が高いようです。

(2)態度が急に冷たくなった

・「相手が素っ気なくなったとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「急に冷たくなって目線を合わせてくれない」(33歳/小売店/事務系専門職)

相手の態度の変化は、悲しい予兆の一つかもしれません。日頃から相手の様子をよく見ているからこそ、いち早くその変化に気付いてしまうようです。

(3)LINEやメールの内容が素っ気ない

・「メールの返事が冷たかったり、一言や絵文字なしだったり、会うことを拒まれたりしたとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「デートの約束がなかなかつかない。メールの返信が遅かったり、内容がつれない感じだったりするとき」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

一緒にいられない時間も相手とつながれるLINEやメール。これらへの反応が素っ気ない場合、相手の興味や関心が薄れてきているという合図のようです。

(4)会話が減った

・「『休日に何してた』とか、連絡を取っているお友達の話とか、交友や行動の話がぐっと減ったとき」(31歳/その他/その他)

・「けんかが続き、相手が投げやりに『ごめん』と言ったり、浅いやりとりしかできなくなったりしたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

一緒にいるだけではなく、会話の内容や密度が重要なバロメーターになるようです。普段から会話でのコミュニケーションを大切にしていたカップルこそ、その変化が顕著に表れるのかもしれません。

(5)会う頻度が減った

・「デートする頻度が極端に減った」(31歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「会う約束が曖昧になったとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

相手からのデートのお誘いが減ったり、なかなか会う日程が決まらなかったり。会う回数、デート頻度の低下にも気を付けておきたいところのようです。

フラれる予兆を知るには普段から相手をよく見て

相手の態度の変化はもちろん、会う回数や連絡の頻度が減ったとき、多くの女性は別れの予兆を感じてしまうようです。

しかし、連絡が途切れたから、減ったからといっても、必ずしも相手の心が完全に離れてしまったとも限りません。仕事が忙しかったり、ちょっと疲れて一人になりたいと感じたりしている場合などもあるため、しつこく連絡するのが逆効果になることも。

日頃から相手の言動やパターンをよく見ておくことが、いち早くサインに気づけるポイントのようです。

(鈴木水鳥)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年4月11日~4月12日
調査人数:334人(25~34歳の働く未婚女性)

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE