お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

聞くんじゃなかった! 元カノのことを聞いて後悔した瞬間4選

マイナビウーマン編集部

恋人のことはどんなささいなことでも知りたいと思うもの。仕事のこと、趣味のこと、友達のことなど、気になることがたくさん。

でも一番気になるのが「元カノ」のことではないでしょうか。

中には思い切って彼氏に元カノについて聞く勇者も。けれど、聞かなきゃよかった……となることもあるようです。

元カノのことを聞いてしまい後悔した瞬間についてまとめました。

(1)デート場所や内容

・「元カノとデートで行った場所を聞いてしまい、そこで二度とデートしたくなくなった」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「昔付き合っていた彼に元カノとどんなデートをしていたか聞いた。すると、彼女の実家によく遊びに行っていて、オムレツをスプーンで割るタイプのオムライスが出てきたという話をされた」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

気になるデートの場所や内容……。

自分たちも行ったことがあるデートスポットだと複雑な気持ちになります。「前にも別の人と来ていたのね……」と、すねてしまう彼女もいるかもしれません。

(2)自分より優れた女性だった

・「私よりものすごくデキた女性だったので、聞いてヘコんだ」(32歳/その他/技術職)

・「私よりかわいかったり、女子力が高かったりすると、その子の方が良かったのでは? と思ってしまう」(34歳/商社・卸/専門職)

やっぱり気になってしまうのが元カノの容姿や雰囲気。

元カノがバリバリのキャリアウーマンだったり、マドンナ的な存在の女性だったりしたら、ショックで落ち込みますよね。

元カノの容姿や雰囲気を話した後に「でも、君の方が魅力的だよ」などフォローをお願いしたいです。

(3)料理上手だった

・「料理上手だった」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「元カノの得意料理の話。あいつはこの料理がうまかったと言われた」(31歳/その他/販売職・サービス系)

自分が作った料理と元カノの料理を比べられたらがっかり……。男性には、決して、元カノの料理の方が良かったなどと言わずに、黙って食べてほしいですね。

(4)未練があるのかも? と感じた

・「『いまだに元カノの手紙が捨てられない』と言っていた」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「元カノにまだ未練がありそうな話をされた」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「私と付き合っているのだから、元カノのことは忘れてほしい」と今の彼女は思っています。

けれど、中には元カノからもらったものを捨てられないなど、まだ未練があるようなそぶりを見せる彼も。

まさしく、元カノについて聞かなきゃよかったと感じたようです。

元カノのことを聞くのなら傷つく覚悟も必要

元カノが気になるのは仕方のないこと。しかし、彼氏に元カノのことを聞くのであれば、傷つく覚悟が必要です。

彼に、しつこく元カノについて聞いておきながら「ひどい!」などと言ってはいけません。

そして、もし元カノのスペックが高くても、自分が劣っていると卑下しないでください。

あなたは今、正式な彼女として交際しているのですから、自信を持って彼と過ごしていきましょう。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※ マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年4月9日~4月10日
調査人数:335人(25~34歳の働く未婚女性)

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE