お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご相談させてください」は目上の人に使える? 正しい敬語表現

大部美知子

ビジネスにおいて、人に相談したくなる場面は多々ありますよね。そんな時によく使う「ご相談させてください」という言い方ですが、上司などの目上の人に対しても使えるのでしょうか? 「ご相談させてください」という言葉について、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに解説してもらいました。

日頃から仕事をしていて、分からないことがあったり、判断に迷うことがあったりすると、上司や先輩に「相談」をしたくなる時がありますね。

そのような時によく使われる「ご相談させてください」という言葉ですが、正しい使い方なのか不安に思っている方もいらっしゃると思います。

ここでは、目上の人に相談する際の表現を改めて確認してみましょう。

「ご相談させてください」の意味

「ご相談させてください」は自分の動作ですが、相手に相談することの許可を求める尊敬語表現です。

もう少し詳しく説明すると、「ご相談させてください」は「ご+相談+させて+ください」の構成になっています。

「ご」(接頭語):相手に対する敬意を表す尊敬語

「相談」(名詞):「物事を決めるために他の人の意見を聞いたり話し合ったりすること」(『大辞林 第三版』三省堂)

「させて」(動詞):「させる」が変化した言葉。「させてください」という使い方をすると自分の行動について相手の許しを求める意味となる

「ください」(補助動詞):要求や命令形を表す「〜くれ」の尊敬語

次ページ:「ご相談させてください」は目上の人に使える?

SHARE