お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「つきましては」の正しい使い方は? 意味や例文を解説

高岡よしみ(ビジネスマナー講師)

ビジネスでよく目にする「つきましては」という言葉には、2つの意味があることをご存じですか? 今回は「つきましては」の意味や類語、使い方について紹介していきます。

ベテランのキャリアウーマンでも使い方をなんとなく分かったつもりでいる人が結構多いのが、「つきましては」という言葉。

意味を深く考えることなく、適当に置きやすい言葉だと勘違いされているのかもしれません。

しかし、ビジネスにおいて適当に使って良い言葉など1つもありません。今回は「つきましては」の意味や使い方をきっちり覚えましょう。

「つきましては」の意味とは?

「つきましては」には2つの意味があります。

1つは、「〜については」「〜に関しては」を丁寧に言い換えた敬語表現としての意味。

もう1つは、「したがって」のような接続詞としての意味です。

「つきましては」を接続詞として使用する際、「そこで」「そのため」「それ故」というような意味となります。

また、「つきましては」を漢字で書くと「就きましては」になりますが、漢字からではその意味を推量し難いですし、通常のビジネスシーンでは漢字ではなく平仮名で「つきましては」と書くのが一般的です。

「つきましては」は目上の人に対しても使える言葉

「つきましては」は、上司や取引先に対して使用できる表現です。

「〜については」「〜に関しては」「そこで」「そのため」「それ故」の丁寧語になりますので、むしろ目上の人には「つきましては」を使用する方が良いでしょう。

次ページ:「つきましては」の使い方(例文付き)

SHARE