お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事が嫌いで辞めたい……。そんな状況を打開する方法は?

トイアンナ

「仕事が嫌い」だと感じた時にしてはいけないこと

とはいえ、「仕事が嫌いだ」と思っていると、転職を急いでしまう人もいるはず。特に今の仕事や会社が嫌いな人が、取りがちなミスをいくつか挙げてみます。

(1)転職先が見つかる前に会社を辞める

どんなに今の仕事が嫌いでも、転職先が決まってから辞めましょう。退職してから転職活動をすると、経歴にブランクが生まれて採用されにくくなります。さらに、目減りしていく貯金を見つめながらの転職活動となるため、良い企業をじっくり探す余裕が無くなります。

「もう貯金が無い!」と焦ってブラック企業へ飛び込むなんていう、バッドエンドを迎えないためにも退職前に転職活動は始めましょう。

(2)年収を無視して転職する

「とにかく転職したい、やりがいが欲しいから」と、前職からガツンと年収が下がる転職をするあなたへ、ちょっと待った!

あなたの年収は下がっても、あなたの税金は来年下がらないのよ!

特に家賃補助など、福利厚生が充実した会社から、福利厚生の無いところへ転職する人は要注意。見た目の年収よりも大きく「使えるお金」が減ってしまい、困窮しかねません。

(3)年に10%以上も資産が増える投資話に乗る

よし、目指すはアーリーリタイア! と、資産形成に走るのは良いことです。ですが、年に10%以上も資産が増えるとうたう投資話には注意しましょう。年に1割も貯金が増える投資には、それなりにリスクもあるはずです。

投資を始める時は、専門家(保険会社と繋がっていないFPなど)へ相談して、ゆっくり決めましょう。

そもそもiDeCoもNISAもやってない? じゃあ、まずはそこからです。いきなりバイナリーオプションとか、やめましょう。

(4)いきなりフリーランスになる

転職もですが、いきなりフリーランスになるのもやめておきたいところ。もともと勤めている会社の下請けができるならまだしも、完全に新しい業種でのフリーランスは飢えやすいものです。

会社を辞める前からコツコツ副業などで実績を作り、安定してから辞めましょう。

「仕事は嫌い」でもOK!

ここまでで、仕事が嫌いな方のお力に、少しでもなれたでしょうか?

仕事は楽しめなくても嫌いでも問題ありません。ただ、「嫌だ」と思う気持ちを和らげる方法はたくさんありますので、自分に合った方法でストレスの減らし方を模索してみてください。

仕事へのマインドが少しでもポジティブになるよう、応援しています。

(トイアンナ)

※画像はイメージです

※この記事は2020年09月27日に公開されたものです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

●公式サイト
https://renaijuku.co.jp/

この著者の記事一覧 

SHARE