お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

甘えたいときに甘えられない。上手に甘える2つの方法

ウイ(恋愛コラムニスト)

男性に甘えたいとき、素直に甘えられないことってありますよね。自分のプライドが邪魔をしたり、甘えるのが相手の迷惑にならないか心配になったり。しかし、コラムニストのウイさんは、甘えるという行為がある男性心理を満たすからこそ、甘え上手な女性がモテるのだと言います。その心理とは一体何でしょうか? また上手に甘えるにはどうすればいいのでしょう。

甘えたいと思いながら、甘えるのが苦手な女性、多いですよね。でも、それは決して悪いことではないと思います。甘えたくてもそのやり方が分からず、グッと我慢してしまう女性って僕はけなげですてきだと思うんです。何でもかんでも甘えてくる女性よりも人間味があってかわいいと思います。

でも、そういった女性心理は男性に伝わりにくい。それどころか男性によっては「かわいげが無い」とか言われて、最終的には「お前、俺がいなくても大丈夫でしょ」ってなるんです。

あれもこれも我慢している自分はフラれて、何でもかんでも男性に頼りっぱなしの女性がモテるのって納得いきませんよね。

というわけで今回は「甘えるのが苦手な女性と上手な甘え方」について書かせていただきます。甘えられたらどんなに楽かと思いながらも、なかなかそれができない女性に贈ります。

甘え上手な女性がモテる理由

まず「男性には甘えるべきか」という基本的なところから解説しますが、男性には甘えた方がいいです。甘えないという選択はありません。

それはなぜか。シンプルに男性は女性から甘えてほしい生き物なのです。女性に頼りにされることを生きがいにしていると言っても過言ではありません。大袈裟じゃなくて、本当にそうです。

「愛してる」とか「大好き」と言われるよりも「頼りにしている」とか「尊敬している」と言われた方が男性はずっとうれしいのです。

昨今、夫婦や同棲カップル向けの記事でも「家事は男性に指示してやらせるのではなく、甘えてやってもらうとうまくいく」というものが定説になりつつあるのですが、これも男性の「甘えられたい」「頼りにされたい」という気持ちをうまく利用しているわけです。

次ページ:頼りにされたいと思う男性心理

SHARE