お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

M(エム)男の特徴とは? 恋愛傾向やアプローチ方法を解説

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

「M(エム)な男性」と聞くと、どんな人物像をイメージしますか? 今回は、恋愛コラムニストの藤本シゲユキさんに「M男」の特徴やアプローチ方法、交際する上での注意点などを紹介してもらいます。

SとMという言葉があります。

言うまでもなく、この言葉はSMという性的趣向が元になっているのですが、SとMの概念を正しく認識している女性はそれほど多くありません。

今回は、M男の特徴や恋愛傾向について解説していきます。

「M男」とはどういう男性なのか

まず、大前提として分かってもらいたいのは、SとMは性癖であり、その人の性格部分ではないということ。

この部分を理解していない人が多いです。

どういうことかというと、仕事上ではドSだけれど、夜の営みではドMになるという男性がたくさん存在します。

一般的にドMと聞くと、ハードなSMプレイで喜びを感じる男性をイメージする方が多いでしょうが、ハードか否かを問わず「性的にいじめられたい」「性的に受け身でいたい」というのが、Mの男性です。

草食系男子だからといって「M男」とは限らない

草食系男子とは、恋愛に消極的な男性のことを指します。

消極的=受け身と捉えて、草食系男子にはMが多いと思ってしまいがちですが、Mは性的趣向であり、草食系男子は性質なので、関係がありません。

中には、草食系だと思っていたらセックスのときはドSに豹変するという男性もいますから、外面だけでは判断しづらいんですよね。

ちなみに、SかMかを聞かれて、「自分はSだ(もしくはドSだ)」と答える男性が多いようですが、これはただの見栄であることがほとんど。

なぜなら、「S=強い者」「M=弱い者」という解釈の人が多いので、自分がMであっても言いたくない男性の方はよくいるんですよ。

なので、ファッションS・ドSの男性はかなり多いといえるでしょう。

というか、僕がこれまで生きてきた中で、ドSの男性自体が非常に少なかったので、比率自体がM多めになるのはないでしょうか。

次ページ:「M男」の特徴10個

SHARE